妊娠したい

葉酸で妊娠したいってダメ?妊活サプリの違い妊娠に必要な栄養素とは

妊娠したいと思い、もしサプリメントを選ぶなら、真っ先に葉酸のサプリを選ぶのではないでしょうか。

私もそうでした、妊娠と言えば葉酸でしたので、ドラッグストアーで葉酸を買い、その他マカやヘム鉄など、単品を合わせていくつか買ってそれで済ませていました。

 

正直、サプリメントは気休め程度で、運動や食事療法が一番大切なのでは?と思っていたんです。

ですが、長い間不妊で悩んでいた友人が、”サプリを変えたところ妊娠できた”。と報告してくれたんです。

どういうこと?と思って、徹底的にサプリメントを調べつくしました。そうしたら、”なるほどだから妊娠できないんだ”、という事がわかりました。

そのことを順次説明していきますね。

 

Let’s!妊トレ!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っていますよ。

 

葉酸で妊娠したいってダメ?妊活サプリの違い妊娠に必要な栄養素とは

妊娠したいと思い、サプリメントを買うなら葉酸って思いますよね。

でもこれ、よくよく調べてみたらちょっとニュアンスが違うんです。

おそらく、厚生省が妊娠中の葉酸の必要性を公表したのですが、それが一人歩きしたのだと思います。

 

葉酸で妊娠したいってダメ?葉酸が必要な本当の理由

 

以下、厚生労働省HPの抜粋になります。

妊娠を計画している女性又は妊娠の可能性のある女性は、神経管閉鎖障害のリスク軽減のために、400μg/日の葉酸摂取が望まれる。

 

この、神経管閉鎖障害というのは、まだ妊娠がわかっていない妊初期の段階で起こりやすいため、妊娠を希望するなら葉酸をとっておきましょう。という意味で厚生労働省が発表しました。

ですので、葉酸は妊娠しやすくするため、というよりは、赤ちゃんのため。ととらえた方が正しいといえます。

 

しかし、葉酸自体は健康な体つくりに必要な栄養素ですし、細胞の分裂を助けてくれるので、是非とも摂取したい栄養素の一つに入ります。

ですので、妊娠したいと思い葉酸をとることに間違いではないのですが、考え方としては、葉酸→赤ちゃんのため。

妊娠しやすくするには、葉酸だけではだめなのです。他の栄養素が複合的に必要だった。

 

最強妊活サプリはこちら↓

ミトコンドリアで妊活!【ニンカル】はこちらをクリックする

妊娠に必要な栄養素ベスト5

妊娠する力を上げるために必要な栄養素は、主に葉酸、鉄分、亜鉛、ビタミンE 、ビタミンD。他にも、体を温めてくれるものや女性の機能をアップしてくれるものなど、いろいろありますが、今回はこの5つに関して詳しく説明していきます。

 

葉酸について

 

妊娠を希望するなら、特に着目したい栄養素は葉酸。

葉酸は、DNA合成の時に必要で、細胞分裂を促すという役割があります。

正しく細胞分裂するのを助け、染色体異常から来るダウン症をふせぎます

 

そして、大切な点は、妊娠初期の段階で大量の葉酸が必要になるということ。

この妊娠初期の段階で脳や脊椎などの形成がおこなわれるのですが、この時に葉酸が不足していると神経管欠損症などの奇形や流産などを引き起こします。

 

こういった事をふせぐためにも、厚生労働省は1日あたり400μgの葉酸の摂取を進めている。妊娠初期というのは、妊娠に気が付いていない事が多いので、赤ちゃんが欲しいと思ったら、早めに摂取する必要があります。

 

この葉酸は、葉物野菜以外にも、納豆やお茶にも含まれ、日常的に摂取はできるのですが、水溶性のため、調理過程で多くの葉酸が失われています。

そのため、サプリメントでの接種が望ましいのです。

 

ビタミンE

 

ビタミンEは、トコフェロールとも言います。

トコはギリシャ語で”子供を産む”という意味、”フェロール”は”力を授ける”ということ。「子供を産む力を授ける」という意味があるくらい、妊娠に深く関与しています。

 

卵子の老化を防ぐために重要な役割を担っています。

活性酸素を除去してくれ、血行を良くします。さらに、ホルモンの分泌量も増やしてくれる優れもの。

子宮内膜の血流を改善してくれるので、子宮内膜が厚くなる効果があると知られています。

 

かぼちゃや、ナッツ類、ひまわり油などにもふくまれていますが、こちらもやはり、サプリメントでしっかり摂取することが望ましい。

 

ビタミンD

 

カルシウムの吸収を助ける働きがあるとともに、筋肉を増強する効果もある。

その他、生殖機能に重要な役割を果たすことがわかって来ました。ビタミンDの値が低いと、体外受精の確率が下がってしまいます。

そして、AMH(卵子の残りの数)とも関連性があると判明しましたし、妊娠後もビタミンDの値が低いと妊娠高血圧症候群や帝王切開になるリスクが増えると考えられていたり、まさに妊娠にお役立ちな栄養素なのです。

亜鉛

 

亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれ、これもまた妊娠にとても深く関与しています。

排卵や着床に関与するホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)などの合成や分泌を促す働きや、男性の精子形成にも亜鉛は不可欠な栄養素

牡蠣や牛肉に入っていますが、亜鉛は意識してとらないと、通常の食事の中からの摂取は難しいとされています。

 

鉄は酸素を運ぶ重要な役割を持っています。鉄不足は酸素不足、元気な卵子とふかふかの子宮のためには、しっかりと鉄分をとる必要があります。

 

これらの栄養素が妊娠する力を上げてくれます。さらに、精子にもとっても良いのです。

しかし、友人は、妊活専用のオールインワンタイプのサプリメントを飲み続けたのですがなぜか結果が出なかった。

そこでまた、色々と調べ始めたら、妊娠しない決定的な理由がわかったのです。

 

最強妊活サプリはこちら↓

ミトコンドリアで妊活!【ニンカル】はこちらをクリックする

妊活サプリの決定的な違い!いままで効かなかった原因とは!?

自分は妊娠には葉酸が良いと思い、葉酸をはじめ単品で幾つかの栄養素を組み合わせていたのですが、なかなか妊娠できませんでした。

正直サプリは気休め程度に思っていたんです。

しかし、友人がサプリを変えたら妊娠できた、というので驚きました。

友人は妊娠専用のオールインワンタイプのサプリを飲んでいたのですが、あまり結果がでなかったので、タイプの違うサプリメントに変えたところ、なんと妊娠できたというのです。

それが、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントだったのです。

 

妊娠の鍵を握るミトコンドリア

 

ミトコンドリアと言うのは、体の中の全細胞に存在する重要な器官です。

この、ミトコンドリアがエネルギーを作り出してくれるので、私たちは生命活動を行うことができるのですが、このミトコンドリアは加齢により弱ってきてしまうのです。

 

年齢が上がってくると、妊娠しづらくなると言うのはおわかりかと思うのですが、この妊娠しづらさの原因が卵子の老化です。

卵子は生まれたときには全て授かっていて、新しく増えるということが無いのです。ですので、自分が30歳ならば、卵子も30歳、40歳なら40歳の卵子と言えます。

この卵子の老化の原因がミトコンドリアにあったのです。

そこを詳しく説明していきますね。

 

卵子とミトコンドリアの密接な関係

 

卵子の中にはDNAを取り囲んで小胞体という組織が有ります。この組織の中にはミトコンドリアが通常の細胞より多く含まれています。

そして、このミトコンドリアが卵子に必要な栄養素を供給しています。

老化が進んだ卵子にはこの、ミトコンドリアのDNA数が少なくなっていて、しかも機能が低下してしまっています。

これが、妊娠しづらさの大きな原因になっているのです。

 

卵子の老化にともない、ミトコンドリアのDNA数は減ってしまうようなのだ。このため、十分なエネルギーがつくられなくなり、卵子の成熟や受精などに障害がでると考えられているのだ。

Newton 2012.10抜粋

有名な科学雑誌Newtonにもはっきり記載されています。

 

そして、このミトコンドリアをサポートする他に、カルシウムが重要な役割をはたします。

カルシウムは体内において、情報を伝達するメッセンジャー的役割をはたします。

卵子の老化にともない、小胞体がカルシウムを取り込むポンプの機能が低下して、小胞体内のカルシウムの貯蔵量が減少しているといわれています。

Newton 2012.10抜粋

このカルシウム量の低下も、卵子の老化に一役買っているという事になります。

 

そして、友人が飲んでいたのがNINCaL(ニンカル)というサプリメントなのですが、このサプリメントは、ミトコンドリアをサポーつする以外にも、カルシウムの強化もしてくれるものだったのです。

友人が飲んでいたのは、まさに妊娠にコミットした優れたサプリメントだった。

この、ミトコンドリアは全身の細胞でエネルギーを作り出すので、妊娠以外にもさまざまな良い影響があります。

 

自分も気になったので購入。飲み始めて1〜2ヶ月で便秘が解消。朝起きるのも楽になりました。

 

人気記事→「今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?」はこちらをクリックする。

人気記事→子供ができない夫婦!?割合は?なかなか子供が出来ない夫婦の特徴は?

まとめ

妊娠したいと思いサプリメントを選ぶとなると、まず葉酸が思い浮かぶのではないでしょうか。

この葉酸は、細胞分裂を助けてくれるので妊娠にも良いといえば良いのですが、妊娠と言うよりどちらかと言えば赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐ目的で、厚生労働省が摂取を推奨しています。

その他、妊娠に必要な栄養素といえば、ビタミンE、ビタミンD、鉄、亜鉛、カルシウムなどがあるのですが、これいがいにも、妊娠に良いとされる栄養素を色々含んだサプリにオールインワンタイプのものがあります。

これはこれでとても良いのですが、それ以外にも重要なポイントがあるのです。

それがミトコンドリア。

卵子の老化はこのミトコンドリアが鍵を握っていたのです。

もし、サプリメントを摂るのならば、ぜひこのミトコンドリアをサポートするタイプのものをお勧めします。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング