妊娠したい

着床しやすくする!着床率を上げる食べ物はパイナップルって本当!?

着床は妊娠にとって大事なステップ。ここを乗り越えなければ妊娠にいたりません。

そしてこの着床を手助けしてくれるのが、パイナップル。この、パイナップルに着床を助ける働きがあるという話はご存知ですか。

着床率が上がるなら、食べたいですよね。

 

パイナップルには、ブロメリンという酵素が含まれています。このブロメリンには、タンパク質を柔らかくする働きがある。

 

これが子宮内膜を柔らかくして、着床の手助けをすると言われています。

しかし、南国のフルーツですので、体を冷やす要素をもっています。くれぐれも、食べすぎには注意しましょう。

 

着床しやすい体になるには、体を温める事を意識してください。

ウォーキングやヨガなどの軽めの運動、ストレッチマッサージなどもよいです。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っています。

 

着床しやすくする!着床率を上げる食べ物はパイナップルって本当!?

着床期、気を付けたいのは冷え。身体をとにかく温めてください。

 

着床時期というのは、排卵後受精卵が子宮へ移動し、絨毛(じゅうもう)という根っこのようなものが、子宮内膜の奥に入り込むまでの期間。

この着床期、黄体期と言われる高温期が続く。黄体ホルモンは子宮内膜を柔らかくし、受精卵のためにふわふわベッドを作ろうとしています。着床後基礎体温は0.2℃~0.3℃ほど上がっています。

 

とにかくこの時期は、体を温めるように。絶対に冷やさないように。

 

血行を良くすることも大事。黄体ホルモンの影響で水分を溜め込みやすい体になるので、この時期むくみやすくなっっています。ですから、このときはできるだけ血行を良くする

だからといって激しい運動は危険。ウォーキングやヨガなどの軽めの運動、ストレッチマッサージなどが良いでしょうね。水分はできるだけこまめに摂取してください。

 

そして十分な睡眠というのがとても重要。できれば夜10時から2時までの間は寝ているようにしてください、ぐっすり6~7時間は続けて寝れた方がいいですね。着床力を高めるためのホルモン、女性ホルモンのためにも、規則正しい生活と睡眠が必要。

 

この時期葉酸を取るのもとても大切。妊娠中赤ちゃんに葉酸が不足すると、成長の邪魔をしてしまいます。

 

赤ちゃんが育ちやすいように、妊娠する前から葉酸をしっかりとっておくのは必要なことかと思います。

葉酸 は何に含まれているかと言うと、青野菜青菜類ですね。豆類やレバーなんかにも含まれています。納豆なんかにも葉酸は豊富に入っています。

 

そしてもう一つ、着床を助けてくれるという食べ物があります。それがパイナップル。

→【記事】「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?はこちらをクリックする

着床率を上げる食べ物はパイナップルって本当!?

着床率を上げる食べ物とされるものの一つに、パイナップルがあります。

 

パイナップルには、ブロメリンという酵素が含まれています。このブロメリンには、タンパク質を柔らかくする働きがある。

 

これが子宮内膜を柔らかくして、着床の手助けをすると言われています。

ふかふかで柔らかい子宮。考えただけで着床しやすそうですよね。このほかにもパイナップルには、妊娠に役立つ栄養素が含まれている。

 

  • ビタミンA

粘膜に潤いをもたらします。子宮内膜を構成する重要な働きもあります。ふかふかの子宮のためには無くてはならない栄養素。

 

  • ビタミンB1

炭水化物の代謝を助け、エネルギーを生成。筋肉疲労時に溜まる乳酸の燃焼にも関与、疲労回復のビタミンと呼ばれています。

 

  • ビタミンC

酸化防止作用のあるビタミンC。フリーラジカルによるダメージから細胞を守ります。コラーゲン生成のためにも必要な栄養素。

鉄分の吸収を促し、免疫系の働きを助けます。

 

  • ナイアシン

ビタミンB3とも呼ばれるナイアシン、流産や先天性異常を大幅に減らすことが出来る可能性がある、という研究結果があります。

 

  • カルシウム

骨を強くしてくれるカルシウムですが、気持ちを安定してくれるはたらきもあります。

 

  • クエン酸

クエン酸の酸味は食欲増進効果があります。疲労物質であるL-乳酸をすばやく燃焼させ、老廃物を体の外に排出してくれます。

その他、体を弱アルカリ性に改善、疲れにくい体を作ります。

 

鉄は、子宮を作る大事な栄養素。そして、酸素を運ぶときにも必要な物。

卵子の細胞分裂の際にも、ミトコンドリアの働きがとても重要なのですが、その時、ミトコンドリアに十分な酸素を運んでくれるのが鉄分です。

 

 

これら、妊娠に良い働きを持つパイナップルですが。南国のフルーツという事もあり、体を冷やす食べ物に含まれています。

ですので、食べすぎに注意して、ほどほどに摂取するとよいです。

 

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

まとめ

着床は妊娠にとって大事なステップ。ここを乗り越えなければ妊娠にいたりません。

そしてこの着床を手助けしてくれるのが、パイナップル。

 

パイナップルには、ブロメリンという酵素が含まれています。このブロメリンには、タンパク質を柔らかくする働きがある。

 

これが子宮内膜を柔らかくして、着床の手助けをすると言われています。

ふかふかで柔らかい子宮。考えただけで着床しやすそうですよね。このほかにもパイナップルには、妊娠に役立つ栄養素が含まれている。

とらない手はないですよね。

 

しかし、南国のフルーツですので、体を冷やす要素をもっています。くれぐれも、食べすぎには注意しましょう。

 

着床しやすい体になるには、体を温める事を意識してください。

ウォーキングやヨガなどの軽めの運動、ストレッチマッサージなどもよいです。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決してひとりではありません。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング