妊娠したい

排卵早い!!排卵が早い場合の妊娠率は!?卵子の質は大丈夫なの??

排卵が早い場合の妊娠確率はどれくらいあるのでしょうか。そして排卵が早かった場合卵子の質は大丈夫なのかと心配になりますよね。

 

排卵が早く、生理の後にすぐに妊娠したというパターンは、実際にあります。

 

通常排卵までの期間はほにゃららほにゃららほにゃららにしとされていますが、もともと生理周期が短かったり、ストレスやその他の原因でホルモンのバランスが崩れ、排卵が早まる場合がある。

この場合卵子の質がどうなのか心配になるなりますが、妊娠できたということは質は良かったったということ。

 

この辺りの事についいて、今回はお話します。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っています。

 

排卵早い!!排卵が早い場合の妊娠率は!?卵子の質は大丈夫なの??

排卵が早い場合の妊娠率はどれくらいなのでしょうか。そして卵子の質は大丈夫なのでしょうか。

排卵が早い場合の、妊娠率ははっきりとデータとしては出ていません。しかし、実際に排卵が早い場合に妊娠したというケースもありますので、可能性はゼロではない

 

排卵までの期間が短く、卵子の質が心配になる場合もありますが、十分に成長していれば妊娠は可能です。ただしとても稀な例となります。

 

ですので、生理周期は整えておくのが一番良い。

妊娠しやすい体になるためにも、生理周期を意識して整えていくのは、大変有効なことです。

 

基礎体温表は少し面倒ではありますが、排卵日は月経を意識でき、生理周期を整えるための第一歩となります。最近ではアプリなどもありますので、出来る範囲でつけてみるのは良いでしょう。

 

排卵までの流れですが、月経が始まりますおおよそ7日間とされていますが、これも人により様々な場合がある。

月経期が終わった後に、卵胞期というものが始まります。これは卵子の元が大きく成長し始める時期です。

 

基礎体温表ですと、低温相の約半分がこの時期になります。

 

28日の周期ですと、おおよそこの月経期と卵胞期が低温相になります。そして、卵胞期の終わりにガクッと体温が下がり、排卵となります。

 

その後ぐっと体温が上がり、高温相に入ります。この時を黄体期と呼びます。

排卵されずに残った卵胞が黄体に変化。そして黄体ホルモンが分泌されて、子宮内膜が厚くなっていく

 

もし、受精着床がなかった場合は、この後再び月経期に入ります。このリズムを繰り返して、女性の体は何度も何度も妊娠に備えている。

 

この排卵が早い場合というのは、生理が短かったり、生理の後すぐに排卵されたりということですが、通常の生理周期と違ってくるので、妊娠の確率ももちろん下がります。

しかし、実際に出産されている方もいらっしゃるので、確率は全くゼロではない

 

 

妊娠の確率

 

下記のデーターは、不妊治療をした場合と、自然妊娠した場合の、1回の周期におけるデーターになります。

 

不妊治療をした場合の出産の割合     自然妊娠した確率

  • 20代後半・・・20%・・・・・・・・・・・・・・25%
  • 30代後半・・・12%・・・・・・・・・・・・・・17%
  • 40代前半・・・5%・・・・・・・・・・・・・・・5%
  • 40代後半・・・0.5%・・・・・・・・・・・・・・2%

 

30代後半から、ぐっと確率が下がってしまうのは同じです。年齢により下がるのはさがるのですが、割合だけで比べると、自然妊娠の方が数字は高くなっている。

 

ならば、自然妊娠で良いじゃない、と思うかもしれませんが、”不妊治療をした場合の出産の割合”ですから、もともと授かりにくい方が治療を受けて授かった数、という事になりますので、その分数字的には自然妊娠の方が高くなります。

 

それを聞くと、じゃあ婦人科いかなくて、良いんじゃないかと思うかと思うかもしれません。

しかし、生理周期に乱れがあるなら、不妊を引き起こしている原因を抱えている場合もあるので、妊娠を望むのであれば、早めの受診をおすすめします。

 

→【記事】「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?はこちらをクリックする

卵子の質は大丈夫なの??

排卵が早かった場合など、卵子の質は気になりますよね。

 

卵子の質というのは、受精後細胞分裂を繰り返すのですが、その時順調に細胞分裂を繰り返し、成長着床に至るかどうかを指します

 

ですので、その排卵が早くても妊娠出来れば質は良かったという事になります。

排卵が早いから染色体に異常が出て、ダウン症や流産の確率が高くなるかというと、そうではないのです。

実際に、生理の後すぐに排卵し、妊娠出産に至るケースもあります。そして出産に異常があったかというとそんなことは無く、無事に生まれ元気に育っています。

 

しかし、妊娠のしやすさで言えば、規則正しい生理周期で、排卵までの日数も確保されていた方が、妊娠しやすいのは事実

 

そして、卵子の質を上げたいのなら、いくつかの方法があります。そんなに大変な事でもないので、取り組めるものがあれば、ぜひやってみてください。

 

 

卵子の質を良くするには?

 

この卵子の質を上げるための体質改善ですが、本当に簡単なことから改善することができます。

卵子は卵巣の中で、80日間かけて育って行く。ですので元気な卵子に育っていくためには、ゆとりを持って3ヶ月は必要になってくるので、気長に構えてトライしてみてください。

 

卵子の質をあげるためには、卵子の質を悪くしている原因を改めることから始まります。適度な運動、規則正しい睡眠、バランスのとれた栄養、ストレスを溜めないこと、体を温めて、リラックスして過ごすなどで改善できる。

 

この運動ですが、1日に30分~50分のウォーキング、もしくは3分間のジョギングでも構いません。

それと、ミトコンドリアを意識した運動もとてもオススメ。60秒間息が上がるくらいの運動をし、そのあと少し休み、また60秒間運動をするというもの。

 

運動と言っても本当に、大変な運動ではありません、少し息が上がるぐらいで十分なのです。早歩きとか、階段を登ってみるとか、スクワット、こんな簡単な事でミトコンドリアは活性されていきます。

その他、サプリメントでもミトコンドリアを元気にできたり、染色体異常の発生を未然に防いでくれる葉酸を補う事もできます。

私の飲んでいるサプリメントはニンカルというものです。

このサプリは自然な形で体全体を元気にしてくれます。効果にはもちろん個人差がありますが、私が40代に入って出産できたのもこのサプリのおかげかな、と思っています。

300名限定で、8,520円引きのお得なキャンペーンをやっているので、もしかしたら2,980円で買えるかもしれません。

もし気になるようでしたら、お早めにクリックしてみてください。

→ニンカル公式ページはこちらです。

 

あまりに簡単で、意外に思うかもしれませんが、こういったことをコツコツ積み重ねることが、とても大切です。

人気記事→「今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?」はこちらをクリックする。

まとめ

排卵が早い場合の、妊娠率ははっきりとデータとしては出ていません。しかし、実際に排卵が早い場合に妊娠したというケースもありますので、可能性はゼロではない

 

排卵までの期間が短く、卵子の質が心配になる場合もありますが、十分に成長していれば妊娠は可能です。ただしとても稀な例となります。

 

妊娠しやすい体になるためにも、生理周期を意識して整えていくのは、大変有効なことです。

基礎体温表は少し面倒ではありますが、排卵日は月経を意識でき、生理周期を整えるための第一歩となります。最近ではアプリなどもありますので、出来る範囲でつけてみるのは良いでしょう。

 

生理周期に乱れがあるなら、不妊を引き起こしている原因を抱えている場合もあるので、妊娠を望むのであれば、早めの受診をおすすめ。

 

卵子の質を上げるには、規則正しい生活習慣や、適度な運動が良いでしょう。生活習慣の見直しですので、気長にとりくんでください。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありません。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング