妊娠したい

卵子の質を良くする!!食べ物や運動は!?その方法を徹底解析!!

妊娠を望んでいると、卵子の質は気になるところです。不妊治療でも、卵子の質は重要視されます。

 

卵子の質を上げることが、妊娠しやすいかどうかにかかてくるからです。卵子の質とはすなわち、受精した後にちゃんと細胞分裂をして、育つかどうかと言いう事。

 

卵子の質を上げるには、卵子の老化を遅らせるということが大事なことです。卵子を老化させてしまう原因の一つとして、活性酸素というものがある。

 

このこの活性酸素を取り除いてくれる、食材を摂取することが大事です。

 

そして、卵子の質を良くするための運動のタイプですが、繰り返し同じことをするような規則的な運動が良いとされています。

 

ウォーキングやジョギングや、縄跳びなどが良いとされている。規則的な動作を繰り返す運動は、幸せホルモンというセロトニンの分泌を促し、ストレス解消にも特に役に立ちます。

その他、ミトコンドリアの活性化も効果的。60秒間の少し息が上がる運動を、1日に数回繰り返すことで、ミトコンドリアは活性化されます。

 

卵子の老化を遅らせ、質を上げることになりますので、自分のやりやすい方法で取り組むことをお勧めします。

 

どれも体質改善ですので、最低でも3ヶ月は継続して行う事がお勧め。少し大変に思うかもしれませんが、慣れてしまえば簡単なことです。

 

大丈夫、あなたなら出来ます!

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っていますよ。

 

 

卵子の質を良くする!!食べ物や運動は!?その方法を徹底解析!!

卵子の質は、妊娠を望むものにとってとても大切なポイントですよね。卵子の質はそのまま受精、着床に影響するからです。

 

不妊治療を進めて行くと、人工授精や体外受精にステップアップすることがあります。その時特に気になるのが卵子の質。いくつか卵子を採卵して、受精まで進めても、上手く細胞分裂しなかったり、その前で治療がストップしてしまったり。

どうしても卵子の質を上げたいと思う。

 

婦人科の先生によっては、卵子の質が上げられれば苦労はしない、とおっしゃるかもしれません。医学的には、ほぼ無理と言われています。

 

一部研究によると、元気な細胞のミトコンドリアを卵子に移植すると、細胞分裂が順調に進む、という結果を出したところもあります。ですが、ほとんどの場合、医学的には無理とされている。

 

じゃあ、無理なのでは??と思われるかもしれませんが、大丈夫です。方法はちゃんとあります。しかも、意外と簡単な方法でできるのです。

ただ、難しい点と言えば継続が必要だということ。卵子は、原始卵胞という赤ちゃん卵子の状態から、排卵される大きさになるまで約80日間かかります。

 

ですので、最低でも3ヶ月程の継続が必要になって来ます。3ヶ月と聞くと長いと感じるかもしれませんが、まず3日から、とかそれが出来たら次は1週間、そした次は1週間、というように、クリアしやすい目標を定めて進んで行くうちに、自然と体が慣れていきます。

 

質の良い卵胞を意識した生活習慣の改善は、そのまま妊娠のしやすい体作りと言えます。お金もかかりませんし、ご自身のためにもなりますので、ぜひトライしてみてください。

 

 

 

卵子の質とは?

 

卵子の質とはすなわち、受精した後にちゃんと細胞分裂をして、育つかどうかと言いう事

質が悪ければ受精したとしても、胚に育ち着床するところまではたどり着けません。もし着床したとしても、途中で流れてしまうことが多いのです。

 

卵子の質の低下と言うと、優秀な子供が生まれないのではないか、と心配をしてしまいます。しかし、この場合卵子の質と言っているのは、そういうことではありません。

 

卵子の質が悪いというのは、受精後胚が育つかどうか、その点で質がいいとか悪いとかを言っているのです。

 

人気記事→「今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?」はこちらをクリックする。

卵子の質を良くする食べ物とは

卵子を元気にするには、卵子の老化を遅らせるということが大事なことです。卵子を老化させてしまう、原因の一つとして、活性酸素というものがあります。

このこの活性酸素を取り除いてくれる抗酸化パワーの強いものを摂取すると良い。

 

活性酸素を取り除いてくれる抗酸化力の強い食材はいろいろあります。

 

ビタミンa…レバー、うなぎ、かぼちゃ、小松菜、など。
ビタミン C…柑橘類、いちご、キウイ、さつまいも、など。
ビタミン E…アーモンドなどのナッツ類、ひまわり油、うなぎ、アボカド、など。

 

これらを合わせてとることで相乗効果が得られます。そしてミネラルとタンパク質を組み合わせて食べることにより、体内で抗酸化酵素が作られます。

 

ポリフェノールなどは活性酸素を除去してくれて、アンチエイジングにも効果がありますポリフェノールは、緑茶やココアブルーベリーいちごやりんごなどにも含まれています。

 

それから亜鉛や銅もとても大切です。牡蠣や大豆、海藻類、ごまアーモンドにも含まれています。

良質なタンパク質も卵子を元気にしてくれます。赤身の肉や、魚、卵、大豆製品などです。

 

気をつけたいのは、糖分です。白砂糖は冷やしてしまいますし、余った糖質は、タンパク質を結合すると、AGE (終末糖化産物)と言って体中の老化を進めてしまう物質に変化します。

糖の摂りすぎは気をつけたいところです。

 

その他葉酸や鉄も、酸素と栄養を送るのに必要な働きをします。妊娠中も必要な栄養素なので、今から意識して摂取していくのが良いでしょう。

ミトコンドリアを元気にして、卵子の老化を防ぐ優秀なサプリメントニンカルもあります。染色体異常を未然に防いでくれる助けになる葉酸もプラスされていておすすめです。

 

卵子の質をを良くする運動、方法は?

 

運動のタイプですが、繰り返し同じことをするような規則的な運動が良いとされています。

 

ウォーキングやジョギング、縄跳びなどがあげられます。規則的な動作を繰り返す運動は、幸せホルモンというセロトニンの分泌を促し、ストレス解消にも特に役に立ちます。

このウォーキングですが、骨盤の中にある大腰筋や骨盤底筋群を動かすので、子宮や卵巣の働きを整えるのにとても良い運動です。

 

このようにして血行を良くすることは、もちろん卵子にも良い影響を与える。

 

ウォーキングは1日に大体30分~50分位行うと良いとされています。

 

時間があまりとれない場合、ジョギングの方が短い時間で効果が上がるので、3分間のスロージョギングがお勧め。

 

急いで走らなくても良いのです。歩くぐらいのスピードでも大丈夫

 

気を付けるポイントとしては、一瞬体を浮かせるということが大事
一瞬体が浮くようにジョギングをしていくと、体にちょうどいい衝撃が走り圧倒的に血流が上がっていきます。

雨の日など、外には出かけられない場合、室内でのその場ジョギングでも大丈夫です。

 

こういった運動以外にも、卵子の質を良くするためにミトコンドリアを意識すると良いです。ミトコンドリアは、体中の細胞の中にあり、活動するためのエネルギーを作り出してくれています。

 

受精卵が細胞分裂する際も、このミトコンドリアが作り出してくれるエネルギーが必要です。

ミトコンドリアの活性は、60秒間の少し息が上がる運動を、1日に9回程繰り返すことで、格段に上がっていきます。

 

卵子の老化を遅らせ、質を上げることになりますので、是非とも取り組むことをお勧めします。

また、毎日運動するのは大変なこと。

そんな時は、ミトコンドリアを元気にしてくれるサプリメントもお勧めです。

 

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

あわせて読みたい
排卵前!!妊娠しやすい食べ物ってあるの?着床しやすい食べ物は??不妊は、生活習慣で改善できる場合があります。時間はかかりますが、結果的にその方が近道だったりします。 中でも食事は、そのま...
あわせて読みたい
妊娠年齢は何歳がベスト?妊娠は若い方が良い?妊娠した年齢の平均は?妊娠のベストな年齢は、その方それぞれというのが答えになってしまいますが、生物的にみると、20代の妊娠が望ましいと言えるでしょう。 ...

まとめ

卵子の質とはすなわち、受精した後にちゃんと細胞分裂をして、育つかどうかと言いう事。

 

卵子の質を上げるには、卵子の老化を遅らせるということが大事なことです。卵子を老化させてしまう原因の一つとして、活性酸素というものがあります。

 

このこの活性酸素を取り除いてくれる、ビタミンA、C、Eや、ポリフェノール、といった抗酸化パワーの強いものを摂取すると良いです。

その他、亜鉛や鉄、葉酸などもとても大切な栄養素。

良質なタンパク質の摂取を心がけ、糖質の摂り過ぎは注意してください。

 

そして、卵子の質を良くするための運動ですが、運動のタイプですが、繰り返し同じことをするような規則的な運動が良いとされています。

 

ウォーキングやジョギング、縄跳びなどがあげられます。規則的な動作を繰り返す運動は、幸せホルモンというセロトニンの分泌を促し、ストレス解消にも特に役に立ちます。

ミトコンドリアの活性は、60秒間の少し息が上がる運動を、1日に数回繰り返すことで、格段に上がっていきます。卵子の老化を遅らせ、質を上げることになりますので、是非とも取り組むことをお勧めします。

 

どれも、体質改善ですので、最低でも3ヶ月は継続して行う事をお勧めします。大変に思うかもしれませんが、慣れてしまえば簡単なことです。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング