妊娠したい

妊活食べてはいけない物は!?プロセスチーズが妊活中お勧めな理由!

妊活中に食べてはいけない物って気になりますよね。主に体を冷やす食べ物は避けたいところですが、あまり気にしすぎてもストレスになってしまいます。

 

ストレスを感じない程度で、摂ってはいけない食べ物等、気を付けていきたい。

 

時々耳にするのが、チーズの話。加熱殺菌されていないナチュラルチーズは、注意が必要です。リステリア菌と言って、あまり良くない菌が含まれていることがあるから。

 

今回は、チーズや他の食べ物で、妊活中に気を付けたい物をお伝えします。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っています。

 

妊活食べてはいけない物は!?プロセスチーズが妊活中お勧めな理由!

 

 

妊活の間食べてはいけない物、気になりますよね。体を冷やすものや、カフェインの摂りすぎなど、気をつけたいことはいくつかあるのですが、その中でチーズの話を聞いたことありませんか。

 

チーズにはナチュラルチーズと、プロセスチーズの2種類があるのですが、そのうちのナチュラルチーズというのは熱が入っていません。

一方プロセスチーズは、ナチュラルチーズを加熱処理して、それを溶かしてまた固めたというものです。製造工程の中で、加熱処理を行うので、乳酸菌やその他の雑菌は死滅してしまう。

 

乳酸菌をとりたい場合は、プロセスチーズではなくて、ナチュラルチーズの方。火の通っていないものをお勧めしますが、妊活中はそうはいきません

 

しっかり火が通って、殺菌処理されているものの方が安全なのです。その理由は、リステリアと言う菌にあります。

リステリア菌は、乳製品や、食肉加工品、魚介類の加工品や、生野菜に含まれている場合があります。

 

その他食品以外にも河川水や動物、土の中にも存在していて、自然界全体に広く分布しています。

 

このリステリアは、感染すると、インフルエンザのような症状をしめし、38℃~39℃の熱、頭痛、嘔吐などの症状を引き起こします。一般的には成人はかかりにくいとされていますが、気をつけたいのが妊婦さん。

妊娠している状態で、感染してしまうと、胎盤を通して胎児感染してしまうのです。

 

胎児へ感染した場合、流産や早産、死産、の原因になってしまうので、妊活中は気をつけたい菌として厚生労働省も、注意喚起しています。

 

欧米では、ナチュラルチーズなどの乳製品、生ハムなどの食肉加工品、スモークサーモンなどの魚介類加工品、コールスローサラダなどでリステリアによる集団食中毒が発生しています。

国内でも数は少ないですが、感染例もあります。

 

リステリア菌の予防法

 

家庭でのリステリア菌の予防法

 

  • 生野菜や果物は、食べる前に良く洗う。
  • 冷蔵庫を過信せず、賞味期限内でも早めに食べる。
  • 長期保存したい場合は、冷凍庫で保存。
  • 熱に弱い菌なので、加熱してから食べる。

 

リステリア菌は、低温でも生き抜くことができるので、冷蔵庫に保存してあるからと言って、長時間保存せずに、早めに食べることが大切です。

熱に弱い菌ですので、加熱してある食品の方が安心です。

 

こういった事から、ナチュラルチーズより、加熱してあるプロセスチーズがお勧め

 

チーズには、カルシウムや、ビタミンA、ビタミンB2など、栄養素がたくさん含まれています。チーズのタンパク質は、体に必要とされるアミノ酸をバランスよく含む、タンパク質の中でも王様と言われているぐらいに優秀な食べ物

 

ビタミンB2やビタミンAは、妊娠力アップにも良いとされている栄養素ですので、加熱処理されているプロセスチーズで、妊活に良い栄養を取り込むのが良いでしょう。

 

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

トキソプラズマに注意!

 

食中毒という事で、妊活中気をつけなければならない事は、リステリア菌以外にもトキソプラズマの感染という事があります。

 

トキソプラズマは、普通の成人の方であるならばほとんど症状も出ないのですが、妊婦さんが感染した場合、お腹の赤ちゃんに感染し、先天性トキソプラズマ症、を発症するリスクが高まります。

もし胎児が、トキソプラズマに感染してしまうと、視覚障害やてんかん、精神面の成長の遅れなのか怒るとされています。ですので、妊活中には、気をつけたいところではあります。

 

猫が感染源になっていることもあるので、猫の糞などは、気を付けましょう。

ちなみにトキソプラズマとは、人の細胞よりももっと小さな原虫の名前。トキソプラズマの母子感染例ですが、数が多いというわけではありません。

 

あまり恐れることはないのですが、ガーデニングや土いじりをした後など、猫の糞が混ざっていると、そこからの感染が懸念されますので、土いじりをした後は温水でよく手を洗うことをお勧めします。

 

トキソプラズマの予防方法

 

  • 食用肉はよく火を通して調理すること。
  • 果物や野菜は食べる前によく洗う。
  • 畑作業なので尻した後は、温水でよく手を洗う。
  • 土を触る時に手袋ができるならば着用するどうする。
  • 動物の糞尿の処理は手袋を着用する。
  • 妊娠初期から予防や抗体検査に勤める。

 

などが挙げられます。

 

人気記事→「今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?」はこちらをクリックする。

あわせて読みたい
排卵前!!妊娠しやすい食べ物ってあるの?着床しやすい食べ物は??不妊は、生活習慣で改善できる場合があります。時間はかかりますが、結果的にその方が近道だったりします。 中でも食事は、そのま...
あわせて読みたい
卵子の質を良くする!!食べ物や運動は!?その方法を徹底解析!!妊娠を望んでいると、卵子の質は気になるところです。不妊治療でも、卵子の質は重要視されます。 卵子の質を上げることが、妊娠し...

まとめ

妊活中は、いつ妊娠しているか分からないこともあり、食中毒には気をつけたいです。

 

特に母子感染してしまうような、食中毒は避けたいもの。

 

その中にはリストリア菌とトキソプラズマというものがあり、これらに胎児が感染した場合、重篤な症状を引き起こす場合があるので、特に気をつけたいポイント。

 

症例こそ少ないですが、通常の食中毒を気をつける予防法で、回避できますので、日頃から調理の際は、生野菜はよく水で洗う、加熱できるものは加熱して食べる、そしてよく手を洗う、ということを習慣にしておくと良いでしょう。

 

 

食べてはいけないと言うと、少し厳しい感じもしますが、妊活中におすすめなのは、ナチュラルチーズよりもプロセスチーズ。

加熱してあるプロセスチーズなら、リステリア菌の感染を回避できます。

 

チーズはとても良い栄養源なので、摂取するのは良いことです。ナチュラルチーズよりもプロセスチーズと覚えておいてください。

もう一つトキソプラズマというのも、胎児に良くない影響を及ぼします。

 

この場合も、通常の食中毒の予防法と同じく、土いじりをした後はよく手を洗うなどを心がけてください。

 

食中毒を気にしてばかりいると疲れてしまいますが、体調を崩してタイミングを逃すのはもったいない話ですので、出来る範囲で良いので、予防法に努めてみてください。

 

 

Let’s!妊トレ!!決してあなたをひとりではありません。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング