妊娠したい

妊活食べてはいけない!妊活中に牛乳って大丈夫?飲んではいけない?

妊活中に食べてはいけないものというのはあるのでしょうか、気になるところです。

 

主に体を冷やすものというのは避けたいのですが、その他に乳製品や、牛乳に関するものが話題に上がる時があります。

 

牛乳はカルシウムを豊富ですし、身体に良いとされ積極的に取り入れてる方も多いのではないでしょうか。この牛乳ですが、妊活について2つの意見がある。

 

今回はその事についてお話ししたいと思います。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っています。

 

妊活で食べてはいけない物ってある!?妊活している時に牛乳って飲んでいいの?

妊活中に食べてはいけないものや摂取に気をつけたいもの、というのはいくつかあります。

 

肌を冷やすものや、大量の白砂糖、添加物の多いもの等、気をつけたいところではありますが、他に乳製品、牛乳に関して、とった方が良いという意見と、とらない方が良いという意見と、二つあります。

 

それらの理由を比べてみてみましょう。

妊活中の牛乳は、栄養素の面で言うと、カルシウムやその他ビタミンAやB2も豊富ですし、健康にも良い影響があり摂取をお勧めしているところもある。

 

気をつけたいのは、牛乳の中でも、低脂肪の乳製品無調整の牛乳と、低脂肪乳があるのですが、この低脂肪乳の方は、排卵障害不妊症のリスクが高くなる、という研究結果があります。

 

なぜ低脂肪乳の乳製品や、牛乳を多くとると排卵障害のリスクが高まるのか。

 

それはそれは、牛乳の中のホルモン含有量が影響しています。低脂肪乳の場合、脂肪を取り除く家庭でエストロゲン、エストロゲンや、プロゲステロンなどが取り除かれていて、そのその分アンドロゲンやインスリン様成長因子1などが残ることになります。

その結果低脂肪牛乳を飲むことで、男性ホルモンが多く摂取されることになるのです。こういったことで、卵胞の成熟や排卵障害のリスクが高まることにつながっていきます。

 

低脂肪の方が、脂肪部分も少なくヘルシーなイメージがありますが、妊活にとっては逆効果になってしまうこともあります。

牛乳を取るのであれば、低脂肪牛乳よりも無調整牛乳がお勧め

 

もう一つ気をつけたいのは、精子に対する影響。牛乳というのは妊娠したメスのお乳から作られています。

 

ですので大量の女性ホルモンを含んでいる。これらを大量に摂取することによりエストロゲンや、プロゲステロン、などといった女性ホルモンが増加し、精子に影響を及ぼすという説があります。

さらには、過剰な女性ホルモンを摂取することで、女性の方も、排卵を抑制してしまうという影響も懸念されています。

 

難しい話になりますが、牛乳も大量に摂取するというのは気をつけたいところ。

 

ただし栄養的には、カルシウムやビタミンAやB2も含まれているので、1日にコップ1~2杯にするとか、大量に摂取することを避ければ良いでしょう。

特に就寝前の、温めた牛乳などは、精神を安定させてくれる作用もある。

 

好みにもよりますが、大好きで毎日大量に飲む、というのを気をつければ良いでしょう。

 

 

アレルギーのもと?カゼインとは

 

もう一つ、牛乳の摂取に反対の意見としては、カゼインの問題もあります。

 

カゼインというのは、牛乳やチーズに含まれているタンパク質の一種。この牛乳のカゼインというのは、粘り気があり腸に残ってしまう、という傾向があります。

そしてこの、残ったカゼインが腐敗することにより、腸が炎症する。これが続くと、腸壁の粘膜をこわしてしまう。

 

これがいわゆる、リーキーガット症候群というもので、アトピーや様々なアレルギーの原因になるとされています。

 

この事が問題視され、牛乳の摂取を控えるようにという説もある。

 

牛乳を飲むか飲まないか迷う所ではありますが、気になるのならまずは2~3週間、牛乳の摂取をやめてみて、体調の変化を観察してみるのが一番です。

 

そして、摂取するのなら、無調整牛乳をとる、大量に飲むことは控える事をお勧めします。

 

人気記事→「今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?」はこちらをクリックする。

妊娠しやすい体になるために

妊娠する力を上げるために一体どういうことが必要でしょうか。ハーバード大学が12万人の看護師さんを、8年間にわたり追跡調査した研究結果があります。

 

どうすれば妊娠しやすいかということが7箇条にまとめられてあるので以下に紹介しておきますね。

 

1、精製された炭水化物を減らす

 

そう言われると少し分かりづらいかもしれませんが、白米や小麦粉など白く精製された炭水化物は、血糖値が上昇しやすい

 

これらを日常的によく食べている女性は、全粒粉や発芽玄米のような未精製の炭水化物をよく食べている女性に比べて、排卵障害になる可能性が55%高くなるという報告が上げられています。あっと

白米から玄米へ急に変えるのは難しいですが、パンやコーンフレークなど、全粒粉の食品に変えていく事をおすすめします。

 

2、身体に良い油を取りましょう

 

不飽和脂肪酸と言う良質な油を取りましょう。

 

マーガリンやショートニングと呼ばれている、トランス型脂肪酸をできるだけ避ける
このトランス型脂肪酸は肺がん排卵障害のリスクを高めてしまいます。

不飽和脂肪酸と言うと何のことかと思うかもしれませんが、代表的なものは、オリーブオイルとかピーナッツやナッツ類の油、ごま油もそうです。

 

その他、植物油、大豆、まぐろや鮭などの不飽和脂肪酸も良いとされています。

減らしたいのはトランス脂肪酸、マーガリンやファーストフードに多く含まれておりますので、できれば摂取しないように気をつけたいものです。

 

3、牛乳は無調整のものを選ぶ

 

先に述べてあるように、低脂肪乳は排卵障害の可能性を高めてしまいます。選ぶのであるならば、無調整のものを選びましょう。

そして大量摂取は避けたいものですね。

 

4、植物性タンパク質

 

一食あたり手のひら一杯のタンパク質が良いとされている。

植物性タンパク質である大豆などは、排卵性の不妊症に対して予防効果があります。
その他、肉や魚、卵など、バランスよく色々な形でタンパク質を摂取できると良いですね。

 

5、葉酸や鉄分

 

葉酸や鉄分は、妊娠をサポートする上で重要な栄養素。妊娠後のことも考えて、葉酸や鉄分はしっかり取っておくことがお勧めです。

 

食事で摂取しておくのが難しい場合は、サプリメントでも良い。健康にも良い影響を及ぼしますので、早めの段階からしっかりと摂取しておくと良い。

 

もし、サプリを飲むのであれば、卵子の老化の鍵をにぎるミトコンドリアをサポートするタイプのものがお勧めです。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

 

6、ジュースなど清涼飲料水を控える

 

ジュースなど清涼飲料水を控えつつ、水分を十分に摂取しましょう。砂糖のたっぷり入った清涼飲料水は、不妊症のリスクを高めてしまいます。

水分を十分に摂取するということは必要なこと。しかし、清涼飲料水やカフェインを多く含むコーヒーや紅茶、緑茶なども、大量摂取することは控えましょう

 

アルコールもあまりおお勧めできません。ただしどれも飲んでははいけないということではありません。たくさん取ることは控えましょう。

 

7、太りすぎ痩せすぎに注意

 

太りすぎや痩せすぎは、月経や排卵そして妊娠にあまり良い影響を与えません。肥満の場合、5~10%の減量で排卵障害が改善されるという報告があります。

 

ちょうどいい体型というのは、痩せすぎでもなく太りすぎでもない体型。

 

具体的には、BMIが20~22妊娠しやすいとされています。身長が160cmですと、52㎏~57㎏になる。

 

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

あわせて読みたい
排卵前!!妊娠しやすい食べ物ってあるの?着床しやすい食べ物は??不妊は、生活習慣で改善できる場合があります。時間はかかりますが、結果的にその方が近道だったりします。 中でも食事は、そのま...
あわせて読みたい
卵子の質を良くする!!食べ物や運動は!?その方法を徹底解析!!妊娠を望んでいると、卵子の質は気になるところです。不妊治療でも、卵子の質は重要視されます。 卵子の質を上げることが、妊娠し...

まとめ

牛乳を飲むならば、低脂肪乳よりは、無調整のものを選ぶ

 

そして牛乳の大量摂取に気をつける。1日に1~2杯とかの、通常の摂取であるならば、問題はありません。就寝前の、温めた牛乳などは精神的にもとても良いとされています。

 

適量であるならば、日常的に摂取して問題ない。しかし、アレルギーやアトピーの原因になるため、飲まないように進める説もあります。

気になるようなら、2~3週間、乳製品や牛乳の摂取を控えて、体調を観察してみるのが一番。

 

妊娠において、良いとされる7つのことは、全て守ろうと思うと大変なことかもしれませんが、少しずつ日常生活に取り入れていくならば、それほど抵抗もないことだと思います。

 

妊娠を意識して是非これらを活用してみてください。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング