妊娠したい

食べてはいけない!妊活中ヨーグルトを食べてはいけないって本当!?

妊活中食べてはいけない物って気になりますよね、今回はヨーグルトについてお話します。

 

ヨーグルトや乳製品に対して、妊活中は控えた方が良いという方と、妊活中は栄養面でも優れているので積極的に摂りましょうという方、二つの意見にわかれます。

 

どちらが正しいのでしょうか。まず妊活中に控えたい食べ物というのは、体を冷やすもの。

 

例えばバナナやパイナップルのように南の国で採れるものや、トマトやナスきゅうりといった暑い季節が旬の物、こういった食物は”陰性”で体を冷やす働きがあります。

陰性の食べ物は、暑い季節や暑い国に暮らしている場合や、体が”陽性”に傾いている時などにバランスを保つために必要ですが、妊活中はお勧めできません。

 

妊娠を望むならとにかく体を温めること、これがとても大切になるからです。このことを前提にヨーグルトについて考えてみましょう。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っています。

 

妊活食べてはいけない!妊活中にヨーグルトを食べてはいけないって本当??

妊活中に食べてはいけない物って気になりますよね。不妊治療の間はヨーグルトを食べてはいけないっていう話は聞いたことありますか。

 

ヨーグルトや乳製品に関しては、賛否両論二つの意見があります。

 

乳製品はできるだけ避けた方が良いという説と、もう一つは栄養も良いので食べてくださいと言う説があります。どちらが正しいのでしょうか。

 

妊活中気をつけたい食べ物!ヨーグルトは??

 

赤ちゃんを欲しいと望んでいるなら、体を温めることは大前提です。ですので、冷やしてしまう食べ物はできるだけ避けた方が良い

 

食べ物には”陰”と”陽”があって、陰性のものは体を冷やし、陽性のものは体を温めてくれます。例えば南の島で採れるバナナやパイナップルその他果物類は体を冷やすものとされています。

トマトやナス、キュウリ、ピーマンこういった夏に食べるものも体を冷やします。

 

地面の中で育つものは体を温めるもの、そして地面より上に育つものは体を冷やすものという分け方ができます。

では、ヨーグルトはどちらでしょうか。

 

ヨーグルトは牛乳からできています。牛乳は陰性の食べ物とされています。ヨーグルトは牛乳を発酵させたものなので、牛乳よりは陰性度が低いと言えるのですが、やはり体を冷やす食べ物とされています。

ちなみにチーズですが、こちらも発酵食品で、しかも固形になっていますので水分が少ない分陽性に傾くとされています。ですので乳製品の中でも一番陰性が強いのがチーズとなります。

 

さて、ヨーグルトですが陰性ですので、体を冷やすという点であまり良くないという説があります。

その他、乳製品ということで気をつけたいのが低脂肪牛乳。低脂肪牛乳は、ホルモンの影響で排卵障害を起こす要因になっています。ですので乳製品を取るならば無調整のものを勧めています。

こういったことから低脂肪牛乳から作られた、低脂肪ヨーグルトや無脂肪ヨーグルトというのは、避けた方が良いでしょう。

 

人気記事→「今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?」はこちらをクリックする。

ヨーグルトおすすめの理由

上記のようにヨーグルトは体を冷やす陰の食品なので、妊活中は避けたほうが良いという意見の反対に、食べても良い、むしろ積極的に取るべきだという意見もあります。

 

それはなぜかと言うと、ヨーグルトはとても栄養面で優れているからです。そして、体を冷やさないように工夫することもできるのです。

 

牛乳を発酵させたものですので、牛乳由来の成分が凝縮されています。栄養で言うならば、妊活にお勧めな栄養素のカルシウムやビタミンA、B1、B2、D、タンパク質などが含まれています。

 

そして乳酸菌は腸内環境にとても良い影響を及ぼします。お通じが優れない時などヨーグルトで改善することもできます。

ただどうしてもを冷やしてしまう食品なので、冷えの面は気になります。そこで体を冷やさずヨーグルトを取るポイントがいくつかあります。

 

まずはヨーグルトを選ぶときは低脂肪ではないものを選ぶ。そして冷えたまま体に取り込むと、どうしても体を冷やしてしまいます。

 

ですので、ほんの少し加熱してホットヨーグルトにして摂取するととても良い。体を冷やさないばかりか、栄養素の吸収が良くなる他、乳酸菌が腸で活発に働いてくれます。

ですが、この時にたくさんのお砂糖をかけてしまうと、どうしても体を冷やします。砂糖は陰性で体を冷やす原因になるからです。

 

もし甘い砂糖をかけたい場合は、白砂糖ですと冷やしてしまうので、色のついた精製していない砂糖を使う、もしくはてんさい糖などをかけると良いでしょう。

 

砂糖にかわってお勧めしたいのは、塩です。塩は、陽性で体を温めるとされています。さらに腸内環境を整えたいならば、オリーブオイルをかけると相乗効果でパワーアップします。

 

オリーブオイルは妊活に良いとされる不飽和脂肪酸を含んでいる。卵子の老化も防いでくれるビタミン E や、ビタミンAも取れますし、お通じも良くしてくれるので、積極的に摂ると良いもの。

そしてこのヨーグルトに砂糖ではなくて、温の性質を持つ塩を塩を少しふりかけて食べるとさらに良いのです。

 

ホットヨーグルトの作り方はとても簡単。ヨーグルト100gに対して電子レンジで約1分、たったこれだけ。

 

40℃以上に温めてしまうと、大切な乳酸菌が死んでしまうので、あまり高温にしないことがポイントです。

少し滑らかさが欲しければ、水分を加えて混ぜてみるのも良い。

 

そしてかけるものはオリーブオイルと少量の塩、これがお通じも良くしてくれて、妊活にも役立つとても優れもの。

食べる時間帯は夜が良い。ヨーグルトは朝というイメージもありますが、腸に関して言えば夜食べるのが理想的です。

 

美味しくて健康に良いヨーグルトですから、ほんのひと手間加えて温めて食べてみる。これだけのことで、冷えを遠ざけることがでます。

 

もちろん暑い時期でしたら、大量でなければヨーグルトをそのまま食べても大丈夫。大量に取るというのは、どの食品に対してもあまりお勧めできません。

 

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

あわせて読みたい
排卵前!!妊娠しやすい食べ物ってあるの?着床しやすい食べ物は??不妊は、生活習慣で改善できる場合があります。時間はかかりますが、結果的にその方が近道だったりします。 中でも食事は、そのま...
あわせて読みたい
妊活食べてはいけない?アイス食べたい!不妊治療中アイスはダメ!?妊活中食べてはいけない物って気になりますよね。できれば早く妊娠したい、だからこそ必死に努力します。 食べてはいけないと聞く...

まとめ

ヨーグルトに関しては、妊活中食べない方が良いという意見と、食べた方が良いという意見と、二つに分かれています。

冷えの観点で言えば、ヨーグルトは陰性の食べ物ですので、体を冷やしてしまいます。

 

しかしホットヨーグルトのようにして、熱を加えてあげると、陰性も和らぎます。卵子の老化を防いでくれる、オリーブオイルや塩をかけて食べてみるのお勧めです。

いずれにせよ、食事制限というのはストレスになります。食べたいものがあれば、大量でなければ食べても問題ありません。

 

ただ一つを乳製品に関しては、低脂肪乳は選ばないでくだください。大量に摂取すると、排卵障害を起こしてしまう可能性があります。

乳製品を選ぶのならば無調整のものを選ぶ。

 

Let’a!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓こちらに低脂肪乳牛乳と無調整牛乳について詳しく書かれています。

あわせて読みたい
妊活食べてはいけない!妊活中に牛乳って大丈夫?飲んではいけない?妊活中に食べてはいけないものというのはあるのでしょうか、気になるところです。 主に体を冷やすものというのは避けたいのですが...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング