妊娠したい

妊活食べてはいけない?アイス食べたい!不妊治療中アイスはダメ!?

妊活中食べてはいけない物って気になりますよね。できれば早く妊娠したい、だからこそ必死に努力します。

 

食べてはいけないと聞くと、好きな物でも我慢して食べずに過ごす、けど食べたいものは食べたい、と無性に思う。

 

食べてはいけないものの中に、体を冷やすものが挙げられます。血流を悪くしてしまうことは、できるだけ避けたいから。

ですが、アイスクリームがふっと食べたくなることありますよね。食べてはいけないんでしょうか。

 

結論から言ってしまうと、食べてくださいこれ以上余計なストレスを増やさないでください。毎日いくつものアイスクリームを、たくさんとるというのは、もちろん避けたいことです。

ですが時々楽しみにアイスクリームをとるぐらいは、問題ない

 

あまり必死になってしまうと、ストレスになってしまうので、自分を追い込まず楽に過ごしてください。

 

今回は、アイスクリームの事や、体を冷やす食材の事などお伝えします。

 

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っています。

 

 

食べてはいけない!?アイスを食べたい!不妊治療中アイスはダメですか!?

妊活中はいろいろなストレスが多いです。不妊治療しているとなおさら、結果が出ない時などは落ち込んでしまいます。

 

そんな時は自分を絶対に責めないようにしてください。

 

そしてできるだけ早く妊娠をしたいので、食べ物を気をつけたいところですが、あまり無理してしまうとストレスを溜めてしまう。

ストレスは体に良くありませんので、避けたいところです。たまにアイスクリームが食べたくなる、そんな時は是非食べてください。

 

無理に我慢することがストレスに繋がってしまいます。ただし大量に摂取することだけは避けてくださいね。

 

体を冷やすこととアイスクリームの関係

 

妊活中は体を冷やすことは避けたいです。食事からくる影響も避けられないので、そこはもちろん気をつけたいところです。

 

体を冷やす食材は、主に陰の食材と言われています。

地面の下で育つ物は体を温める陽の食べ物。反対に地面から上、地上で育つ物は体を冷やす陰の食べ物。

温かい地方でとれる物、例えばバナナやパイナップル、そして夏に採れるナスやトマト、キュウリなどが陰性の食べ物です。

 

白砂糖は体を冷やす陰のもの。そしてアイスクリームもちろん、大量のお砂糖も入っていますし体を冷やす原因になります。

 

だからといって、全く取らないのではストレスになります。時々は楽しみで食べてください。しかし、アイスクリームを食べたい時は、気をつけたいところがあります。

 

まずは、少しずつ食べるということです。口の中に入れた時に溶かしながら、よく味わいながら少しずつ食べる。

 

そうすると、体の中に取り込んだ時、体温との差が少なくなりますので、冷えの影響もそれほど気にならなくなります。

少しずつ味わいながら食べることで、少量でも満足できます。

 

たくさん食べることはもちろんを避けたいので、味わって食べる、ということ気をつけてみてください。そして食べているときや食べた後に、体を温める飲み物なのでバランスをとると良いです。

 

温かい飲み物や、生姜などで、体を温めてあげると良いでしょう。

 

ただし気をつけたいのは、熱が通っていない生姜ですと、逆に体を冷やしてしまいます。生姜だけをダイレクトに撮るのではなく、温かい飲み物に混ぜるなどして摂取すると良いでしょう。

 

紅茶に生姜を入れるなどでも、温の気は補えます。ぜひ取り入れてみてください。

また、食べ物を気をるけることもとても大切ですが、根本的に体を健康にして本来ある自分の力で卵子の老化を防いでいくのも大事です。

卵子の健やかさは、妊娠しやすさに直結していくからです。

体を健康にし、卵子を健やかにしていくには、日々のウォーキング等の運動が効果的です。しかし、毎日続けるのはとても大変。

そこで、私はサプリメントを取ることにしました。

ニンカルというサプリメントですが、エネルギーを作り出す”ミトコンドリア”に働きかけるので、卵子や体全体を元気にしてくれます。

人気記事→「今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?」はこちらをクリックする。

アイスを選ぶとき気を付けたい事

 

ちなみにアイスを選ぶときですが、低脂肪のものは避けてくださいね。

 

低脂肪の牛乳などは、排卵障害を起こす原因になりやすいです。選ぶのであれば成分無調整のもの。低脂肪でないものを選んでください。

 

 

アイスの種類

 

 

アイスには、アイスクリームと、アイスミルク、ラクトアイス、そして一般食品として分類される氷菓子があります。

 

選ぶのならどれが良いでしょうか。

 

アイスクリームのこの種類分けは、乳成分の量によって分けられます。乳固形分が多い順番に、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓子、となっています。

 

そしてそして、ソフトクリームとジェラードなどにも分けられます。

ソフトクリームはマイナス5℃~マイナス7℃で保存されていて、アイスクリームのように固めずにそのまま食べるものを言います。

 

アイスクリームの食べ頃は、マイナス8℃~マイナス14℃。それに対してソフトクリームは、少し高めの設定になっています。

 

ちなみにジェラードはイタリアの言葉で、凍ったお菓子を指します。一番屋食べやすい食べ頃の温度はマイナス8℃~マイナス10℃。ソフトクリームに比べて少し低めの温度です。

 

もし冷えが気になるようならば、ソフトクリームのような、中でも温度の高いものを選んで、ゆっくり口の中で溶かしながら、味わって食べるのが良いでしょう。

 

スクリームや、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓子の中で、気をつけたいのは、ラクトアイス。植物性油と、添加物を多く含みますので、ラクトアイスはできれば避けた方が安心。

 

この中で選ぶならやはり一番温度の高いソフトクリームが良いでしょう。しかし一気に食べると体を冷やすれますので、ゆっくり味わいながら食べてください。

 

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

あわせて読みたい
排卵前!!妊娠しやすい食べ物ってあるの?着床しやすい食べ物は??不妊は、生活習慣で改善できる場合があります。時間はかかりますが、結果的にその方が近道だったりします。 中でも食事は、そのま...
あわせて読みたい
妊活食べてはいけない物は!?プロセスチーズが妊活中お勧めな理由!妊活中に食べてはいけない物って気になりますよね。主に体を冷やす食べ物は避けたいところですが、あまり気にしすぎてもストレスになってしまいま...

まとめ

妊活中はただでさえストレスが多いです。その中で食事制限をしてしまうと、なおさらストレスを抱えてしまいます。

 

冷やすものは避けたいのですが、たまにアイスクリームを食べるぐらいは問題ないでしょう。もし食べるとしたら、ソフトクリームや、カップアイスなどを、ゆっくり味わいながら食べてください。

 

そして、できれば低脂肪でないものを選んでください。大量に食べることはもちろん避けてくださいね。

冷たいアイスを食べる時は、食後に体を温めるような飲み物を摂ると良いでしょう。温かい生姜紅茶などがおすすめです。

 

リラックスして過ごすためにも、息抜きや楽しみは必要です。

 

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング