妊娠したい

満月妊娠出産!満月や新月の排卵?妊娠神秘!妊娠出産おまじない!?

月の満ち欠けは、女性の生理や妊娠出産に大きく関係しています。

 

月のサイクルが28日ならば、女性の生理周期も28日。生理周期が安定していれば、新月に排卵が起き、この夜のセックスが最も妊娠しやすいというデータがあります。

 

出産ですが、満月と新月は同じく高い確率で出産されやすい。しかも、満月や新月の当日よりも、その前日や翌日の方が出産数が多いという。

干潮満潮の差が一番大きいとされる、大潮に向かって行く過程で陣痛が強まり、その後出産となるため、満月や新月の前日に出産が一致すると言われています。

 

月と人体、特に女性の体への影響は、切っても切れない不思議な関係と言えるでしょう。

 

洋の東西を問わず、古来から月を利用したおまじないが沢山あります。妊娠に関するおまじないも多数あり、ピンときたものがあれば是非試してみてください。

そしてただ単に、月夜の晩に外に出て月の光をあびるだけで、セロトニン(幸福感を司るホルモン)の分泌量を増やすことができます。

 

それに、月は美しい。ただ月を眺め、その美しさに共鳴するだけでも十分な価値がある。たまには夜空を見上げ、月を感じてみてください。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っています。

 

満月の妊娠出産!満月や新月は排卵しやすい?妊娠の神秘!妊娠出産おまじない!?

月の満ち欠けは、女性の生理や妊娠出産に大きく関係してる。

 

月のサイクルが28日ならば、女性の生理周期も28日。そして、新月の時に排卵が起こりやすいとされています。

 

何とも不思議な話なのですが、地球上で生活している限り月の引力の影響は避けられないので、月の満ち欠けが人体と密接な関係があるというのは、当然といえば当然のこと。

 

血液や細胞間にある体液というのは、海水とほぼ似たような成分で作られています。

そして人体の約6割はこの水分が閉めている。月の引力により、地球の海水が影響を受けるように、人の体も同じく影響を受けるのです。

 

満月と、新月は、最も月の引力が強く働く、このことが人体にも影響を及ぼします。排卵や受精、出産などが、新月や満月に起きやすいと言われているのは、引力の関係と言われています。

 

28日周期で、安定して生理が来ている方は、ちょうど月とリンクするように、排卵のサイクルがぴったりと合ってきます。満月から2週間経った新月に、排卵が起こる。

そして、この新月の時の排卵が最も妊娠しやすいというデータがあります。

 

月が太陽と同じ方向にあるとき、空には月が見えなくなります、この時を新月と言います。

 

この月のない闇夜の中が、一番妊娠されやすいというのは何とも神秘的な話ではありませんか。新月は様々なものを吸収する時だと言われています、精子と卵子が受精し、それが着床していくという過程は、定着、吸収ということで、この新月にぴったりなのかもしれません。

 

さらに月が満ちる時、満月の時に出産が多いと言われています。

 

しかし確率的に見ると、満月と新月は同じく高い確率で出産されやすい。しかも、満月や新月の当日よりも、その前日や翌日の方が出産数が多いというデータもあります。

干潮満潮の差が一番大きいとされる、大潮に向かって行く過程で陣痛が強まり、その後出産となる。そのため、満月や新月の前日に出産が一致すると言われています。

 

干潮満潮の一番激しい、大潮のピークに向かって陣痛が強まる。

陣痛の痛みというのは、一定間隔のリズムを持って訪れます。まるで潮の満ち引きのように、痛みが襲っては引いていく、これを何度も何度も繰り返し、人は生れてくるのです。

 

ぴたりと大潮の時に合わなかったにしろ、人体の中では、潮の満ち引きのような変化が繰り返しおきている。神秘の世界を感じます。

 

いずれにせよ、月の引力が妊娠出産に大いに関わりがあるというのは、分娩を担当する医師や、助産婦が経験的に感じていること。

月と人体、特に女性の体への影響は、切っても切れない不思議な関係と言えるでしょう。

 

 

この月のパワーにあやかった妊娠に関するおまじないが、古くから多数あるので、その一部を紹介します。

おまじないやジンクスに、縛られることはないのですが、たまには息抜きに行ってみるのもいいかもしれません。

 

月の魅力的なパワーを、少し分けてもらいましょう。

 

→【記事】「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?はこちらをクリックする

月の神秘!!満月新月!妊娠出産のおまじない

洋の東西を問わず、古来から月を利用したおまじないが沢山あります。妊娠に関するおまじないも多数あり、ここでは、簡単に行えるおまじないを紹介します。

ピンときたら試してみてはいかがでしょうか。ただ、月夜の晩に外に出て、月の光をあびるだけで、セロトニン(幸福感を司るホルモン)の分泌量を増やせます。

 

それに、月は美しい。ただ月を眺め、その美しさに共鳴するだけでも十分な価値がある。

日々忙しく暮らしていると、月の事など忘れてしまいがちですが、ふと夜空を見上て月を感じてみてください。

 

新月にお願い!妊娠、月のおまじない!?

 

 

新月とは月が一番かけている状態、太陽と一番近くにあり、その姿が全く見えない状態です。

 

そこから約2週間かけて月は満ちて行き、満月になる。そして、そこからまた2週間かけ月は欠けて行き、新月に戻って行くのです。

 

この時、新月を見あげ、「今は見えないけれどすぐに満ちて満たされる。」と月に唱えるのです。

その後自分の願い事を月に告げます。「赤ちゃんが授かりますように。」

その晩、旦那さんとタイミングを持ってください。月のパワーで、妊娠しやすくなるとされています。

 

穴の空いた石と、新月のおまじない。

 

自然に穴の空いた石は、魔力を秘めた石として古くから珍重されてきました。その石を使ったおまじない。

 

穴の空いた石を見つけて、新月の夜、その穴の上にローズマリーを振りかけます。

そしてそれを小さな袋に入れ、首から下げるか、かばんに入れて置くなどして、肌身離さず持ち歩いてください。

 

新月が来るたびに、妊娠を願いながらローズマリーを石に振りかける。

これを繰り返しているうちに、妊娠するという言い伝えがあります。

 

ムーンフェイズ

 

ムーンフェイズとは、月相の意味。月の形と思えばわかりやすいでしょう。女性は自分が生まれた時と同じムーンフェイズの夜に、セックスすると妊娠しやすいと言われています。

自分が生まれた時が満月だったら満月の夜、自分が三日月ならば三日月の夜が妊娠しやすい。

この他にも、様々な月に関するおまじないはたくさんあります。昔から、月の影響を感じ、それを利用してきた。

神秘的なお話しです。

 

 

妊娠に関してどうしても不安な場合は、占いに頼ってみるのも一つの方法

 

自分の場合は、”旦那さんとの体の相性”と”開運方法”を鑑定してもらいました。

単刀直入に”授かるかどうか”を聞きたかったのですが、”生死”に関することはNGだったので、その点は聞けなかったです。

でも、結果的にとても良い方向に行きました。

 

鑑定内容ですが、「心配はいりません、旦那さんとの相性も良いですし、全体的に良い兆しがみえます。」という結果をいただき、アドバイスとして、二人に合う開運方法を具体的に教えていただいたんです。

開運方法はベッドの位置だとか、部屋に使う色など風水的内容や心の持ちよう、生活に取り入れるべきことなど、私たちに合わせたオリジナルな開運方法でした。

それが良かったのか、実践してみた後、程なくして赤ちゃんを授かることができたんです。

 

ですので偶然なのかもしれませんが、この占いは当たっていたと言えると思います。

 

なにより、鑑定していただき不安が晴れたので、気持ちがとても落ち着きました。

気休めかもしれませんが、結構こういう気休めって大事、悩んでばかりいると物事は悪い方へ進みがちだからです。

でも、こうやって違う視点からのアドバイスを貰えると、一気に良い流れに乗ることができます。

私の利用した占いは、【電話占いヴェルニ】というサイトです。

ここの「緋鞠」先生という方が妊活の占でとても有名で、たまたま予約がとれたのでお願いしてみたら、とても親身になってお話を聞いてくださいました。

もし、悩んでいるのでしたらオススメです。

あわせて読みたい
赤ちゃん授かるタイミング!ベストな時っていつ?子供を産む意味は?赤ちゃんを授かるタイミングというのは、本当に人それぞれ。 しかし、ベストなタイミングで赤ちゃんが産まれてきてくれるのは、確...
あわせて読みたい
不妊のストレスどうすれば良い!?ストレスの原因とは?不妊中はストレスとの戦いと言っても良いのではないでしょうか。 赤ちゃんがなかなか授からない事に対して、焦ったり自分を責めて...

まとめ

月の満ち欠けは、女性の生理や妊娠出産に大きく関係しています。

 

月のサイクルが28日ならば、女性の生理周期も28日。そして、新月の時に排卵が起こりやすいとされている。

そして、この新月の時の排卵が最も妊娠しやすいというデータがあります。

 

出産ですが、満月と新月は同じく高い確率で出産されやすい。しかも、満月や新月の当日よりも、その前日や翌日の方が出産数が多いという。

干潮満潮の差が一番大きいとされる、大潮に向かって行く過程で陣痛が強まり、その後出産となるため、満月や新月の前日に出産が一致すると言われています。

 

月と人体、特に女性の体への影響は、切っても切れない不思議な関係と言えるでしょう

 

洋の東西を問わず、古来から月を利用したおまじないが沢山ある。妊娠に関するおまじないも多数あります。ピンときたものがあればら試してみてはいかがでしょうか。

そしてただ単に、月夜の晩に外に出て、月の光をあびるだけで、セロトニン(幸福感を司るホルモン)の分泌量を増やすことができます。

 

それに、月は美しい。ただ月を眺め、その美しさに共鳴するだけでも十分な価値がある。たまには夜空を見上げ、月を感じてみてください。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング