妊娠したい

42歳出産!やっぱり妊娠したい!高齢出産そのリスクと出生率は?!

42歳の出産は、多くのリスクをはらんでいます。しかしいくつになっても、やはり妊娠したいという思いはあるものです。

 

高齢出産のリスクや、出生率について今回はお話したいと思います。

 

高齢出産の割合や、40歳代に入ってからの妊娠出産の数は増えてきています。ちなみに、高齢出産は35歳以上の出産を言います。

 

40歳代の出産は、年間でおおよそ3万8千人ほど。出産の総数からすると割合的には少ないのですが、それでも3万8千人の方が40歳代で産んでらっしゃる。

 

そして、超高齢出産と言われる、50歳以上の出産数は、なんと41人。(H23年)

50歳以上の出産というのは、本当に奇跡の中の奇跡です。このように、実際40歳代以上の出産数はかなりの数があるのですが、高齢出産はおおくのリスクをはらんでいます。

 

妊娠高血圧症候群や、流産の危険性、出産時の負担や、ダウン症の発症率も気になるところです。このことは、少し耳がいたいかもしれませんが、しっかりと認識しておく必要があります。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っていますよ。

 

 

42歳出産!やっぱり妊娠したい!高齢出産そのリスクと出生率は?!

高齢出産とは、35歳以上の出産をいいます。42歳出産となると、まさに高齢出産。いろいろなリスクや危険性を知ってはいるものの、やはり妊娠したい、子供を産みたいと思う気持ちは、良くわかります。

 

42歳の出産とは、その現実とは。そして、そのリスクについて考えてみましょう。

 

42歳出産の現実

 

 

結婚の平均年齢は、30.1歳。30歳で結婚したとして、すぐに授かれば良いのですが、なかなか授からないことがあります。

 

そうすると妊娠出産が、35歳の高齢にさしかかったり、さらに上の超高齢出産になったりする。では、40代での出産数はどれくらいあるのでしょうか。

 

 

 

上記のグラフのように、40代の出生数は年々右肩上がりに上がっています。

 

 

 出生数の年次推移,母の年齢(5歳階級)別 (厚生省)

 

母の年齢 昭和60年 平成7年 17 20 21 22 *23
総数 1) 1 431 577 1 187 064 1 062 530 1 091 156 1 070 035 1 071 304 1 050 698
~14歳 23 37 42 38 67 51 44
15~19 17 854 16 075 16 531 15 427 14 620 13 495 13 273
20~24 247 341 193 514 128 135 124 691 116 808 110 956 104 053
25~29 682 885 492 714 339 328 317 753 307 765 306 910 300 350
30~34 381 466 371 773 404 700 404 771 389 793 384 385 373 452
35~39 93 501 100 053 153 440 200 328 209 706 220 101 221 245
40~44 8 224 12 472 19 750 27 522 30 566 34 609 37 435
45~49 244 414 564 594 684 773 802
50歳以上 1 34 24 20 19 41
  • 注: *印は概数である。
    1)総数には母の年齢不詳を含む。

 

  • 昭和60年(1985年)

40歳代前半・・・8,224人

40歳代後半・・・244人

50歳位上・・・・1人

 

  • 平成23年(2011年)

 

40歳代前半・・・37,435人

40歳代後半・・・802人

50歳位上・・・・41人

 

26年間で、40歳代前半の出生数は、約4倍になっています。40歳代後半では、3.5倍ほどに。そして、50歳位上が1人だったのが41人になっています。

 

40歳以上の出産というのは、30歳~34歳のやく1割になっている。確かに珍しいかもしれませんが、数としてはけっこう多いと言えます。3万8千人位の方が、40歳代で産んでいらっしゃる。

 

これ、意外と多いんじゃないかと思います。

 

しかし、無事妊娠にこぎつけても、その後流産してしまったり、出産時に大きな負担がかかってしまったり、若い頃の妊娠より、リスクが多いということが言えます。

 

このあたりのことは、認識済かもしれませんが、ご主人と良く話し合って方向性を決めておくと良いですね。

 

いざ、羊水検査などで、ダウン症の可能性が出た場合なども、どうしていけば良いか、あらかじめ話しておくことが必要。

 

この時決めたことを基準にしておけば、いざという時にうろたえず対応できます。そして迷うようならば、その時また改めて冷静に判断すれば良いのです。

 

 

高齢出産出生率

 

不妊治療の治療成績(妊娠率・生産率・流産率) 出典:日本産科婦人科学会2010年
不妊治療の治療成績(妊娠率・生産率・流産率)

 

こちらのグラフは、不妊治療をしたときの、妊娠確率です、高齢になればなるほど、妊娠率は下がってしまいます。そして、流産の確率が上がってきてしまう。

 

卵子の老化や、ホルモンバランス、体のこと等、どうしても年齢にあらがえないことはあるのです。

 

しかし妊娠は奇跡です、現に1年間で3万8千人位のかたが、40歳代で産んでらっしゃる。50歳代での出産も本当にある話なので、可能性はゼロではありません。

 

もし、高齢出産といわれる範囲で妊娠を望むのであれば、できるだけ早めに婦人科や、不妊専門医に行かれることをおすすめします。男性が原因で不妊になっていることも考えられますので、ご夫婦2人ともに受診されることは必須

 

また、適切な方法で妊娠力をつけていけば、たとえ高齢やなかなか妊娠できなかった方でも妊娠の可能性はあります

今は卵子の老化を遅らせることも期待できる、”ミトコンドリアサポートタイプ”のサプリメントもあるので諦めないでください。

ミトコンドリアタイプの中で、お勧めなのはニンカルというサプリ。

私はこれを妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今でも手放せないでいます。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、なくてはならないサプリです。

40代になっても出産できたのは、このサプリのおかげだと思っています。

現在74%OFFの2,980円で買える超オトクなキャンペーンをやっています。毎月300名様限定なので、まだお安くかえるかもしれません。

このチャンスを逃すと、8,520円も損してしまいますので、気になる方は試しにクリックしてみてください。

→公式ページはこちらをクリックする。

高齢出産リスクとは!?

40代の妊娠は奇跡的な事ですが、その後の不安がつきまとうことも。

 

出産時の危険性もそうなのですが、妊娠中も流産の可能性がつきまといます。あらかじめ、リスクをしっかりと把握しておくことで、その時起きたことにたいしてのショックが軽減される。

 

そして、もう一つの不安材料は、ダウン症のことでは無いでしょうか。万が一、羊水検査などをして、ダウン症の可能性が出た場合どうするか、このことに関しては、じっくりと話し合っておく必要があります。

 

一つの命と捉えた時、一体どうすれば良いのか、どこまで責任を背負うことができるか、とても大きな課題だと言えます。

 

 

ダウン症発症人数

 

 

03

 

35歳以上になると、ダウン症の確率が上がってきます。しかし、一番高い数字でも30%、この割合を高いと思うか、低いと思うかです。

 

若いからと言って、可能性はゼロではありませんし、高齢だからと言って100%なわけでもない。出生前診断にかんしては、ご夫婦でよく話し合い、主治医と相談することをお勧めします。

 

 

出産時の危険性

 

高血圧、高血糖、高コレステロール血症など、もともとの持病がある場合、それがさらに加速されてしまいます。

 

なかでも、妊娠高血圧症候群というリスクがあります。

高血圧症候群とは、むくみや尿蛋白、高血圧などの症状を引き起こします。そして、高血圧には注意が必要。

 

高齢出産の場合、高血圧になる可能性が高まります。この、妊娠高血圧症候群を防ぐには、早期発見と、栄養指導を受けることが大切です。体重管理にも注意しましょう。

 

流産の可能性

 

30代前半までの流産率は約10%、それに対して、40代に入ると35%ほどに、そして40歳代後半以降になると、65%〜80%まであがってしまいます。

 

年齢があがるにつれ、急速に流産の確率が増えてしまいます。これは、ある意味ある意味生物として、しかたの無い事なのです。

 

帝王切開

 

やはり、出産時のリスクを避けるためにも、医師は帝王切開を推奨しがちです。どうしても、帝王切開は避けたいと思うならば、十分に医師と相談するか、自然分娩思考な産院を選んでください。

 

 

妊娠に関してどうしても不安な場合は、占いに頼ってみるのも一つの方法

 

自分の場合は、”旦那さんとの体の相性”と”開運方法”を鑑定してもらいました。

単刀直入に”授かるかどうか”を聞きたかったのですが、”生死”に関することはNGだったので、その点は聞けなかったです。

でも、結果的にとても良い方向に行きました。

 

鑑定内容ですが、「心配はいりません、旦那さんとの相性も良いですし、全体的に良い兆しがみえます。」という結果をいただき、アドバイスとして、二人に合う開運方法を具体的に教えていただいたんです。

開運方法はベッドの位置だとか、部屋に使う色など風水的内容や心の持ちよう、生活に取り入れるべきことなど、私たちに合わせたオリジナルな開運方法でした。

それが良かったのか、実践してみた後、程なくして赤ちゃんを授かることができたんです。

 

ですので偶然なのかもしれませんが、この占いは当たっていたと言えると思います。

 

なにより、鑑定していただき不安が晴れたので、気持ちがとても落ち着きました。

気休めかもしれませんが、結構こういう気休めって大事、悩んでばかりいると物事は悪い方へ進みがちだからです。

でも、こうやって違う視点からのアドバイスを貰えると、一気に良い流れに乗ることができます。

私の利用した占いは、【電話占いヴェルニ】というサイトです。

ここの「緋鞠」先生という方が妊活の占でとても有名で、たまたま予約がとれたのでお願いしてみたら、とても親身になってお話を聞いてくださいました。

もし、悩んでいるのでしたらオススメです。

まとめ

高齢出産の割合や、40歳代に入ってからの妊娠出産の数は増えてきています。

 

40歳代の出産は、年間でおおよそ3万8千人ほど。出産の総数からすると割合的には少ないのですが、それでも3万8千人の方が40歳代で産んでらっしゃる。

 

そして、超高齢出産と言われる、50歳以上の出産数は、なんと41人もいらっしゃった。

 

50歳以上の出産というのは、本当に奇跡の中の奇跡です。このように、実際40歳代以上の出産数はかなりの数があるのですが、高齢出産はおおくのリスクをはらんでいます。

 

妊娠高血圧症候群や、流産の危険性、出産時の負担や、ダウン症の発症率も気になるところです。このことは、少し耳がいたいかもしれませんが、しっかりと認識しておく必要があります。

ご夫婦でよく話し合って、妊娠に望まれるのが良いです。そして、不安な事があれば、しっかりと主治医に質問し、コミュニケーションをとっていくのが良いでしょう。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング