妊娠したい

妊娠方法、タイミング法で妊娠した!?排卵日付近は毎日タイミング?

なかなか赤ちゃんが授からなかったりすると、妊娠の方法はこれで合ってるの??いったいタイミング法って何、いつタイミングを持てば確率は上がるの?と思ったりします。

 

妊娠に必要なのは、排卵日周辺を狙ったセックスという事になるのですが、このタイミング法というのが、なかなか大変。

 

「この日」とセックスする日を決められてしまうと、どうしても上手くいかなかったりします。仕事で忙しくて、タイミングを取れなかったり、緊張してしまい、セックスが続かなかったり。

タイミングEDという言葉があるくらいに、この日のタイミングの取り方にはストレスが多く絡んできます。ですので、厳密に日にちを指定せずに、排卵日周辺に2日置き位のセックスをすることをお勧めします。

 

20代や新婚間際ですと、毎日と言われても苦痛ではないかもしれませんが、不妊生活が長かったり、年齢が上がってくるとそうも言ってられなかったりするので、少し間隔を開けて無理のない範囲でセックスすることをお勧めします。

 

そして、6日以上ため込んだ精子は、酸化してしまい、劣化が進みます、ですので精子は溜めずに、なるべくこまめに放出すること。

 

いずれにせよ、夫婦仲良くお互いに一番心地よい条件でセックスできると良いですね。

 

Let’S!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っていますよ。

 

妊娠方法、タイミング法で妊娠した!?排卵日付近は毎日タイミング?

妊娠を希望して、なかなか授からないと、次の段階として、タイミング法というのがあります。

 

女性の排卵は月に1度しかありません、そして、卵子の体内での寿命は6~24時間。精子の女性体内での生存時間は48~72時間。

 

卵子の生存時間は非常に短いので、先に精子に女性体内でスタンバイしていてもらい、排卵後はスムーズに受精してもらう、というのがタイミング法です。

 

このタイミング法ですが、排卵日の計測とセックスのタイミングがカギになります。排卵日は、基礎体温表をつけ、生理が順調であれば大体の予想が付きます。

 

生理が順調で、高温期と低温期の2相がしっかりとわかれているのなら、おおよそ70%の確率で、低温期の最終日に排卵がある。

さらにはっきりと排卵日を知りたい場合は、排卵検査薬と言うものがあります。薬局やネットで普通に買えます。排卵日検査薬は、LHサージと言って、排卵前に大量に放出される黄体形成ホルモンの濃度に反応し、排卵日を知らせてくれるものです。

 

それ以外には、産婦人科や不妊専門医を受診すると、内診をしてくれて、排卵日をピンポイントに教えてもらる。

 

タイミングで妊娠した??

 

タイミング法での妊娠確率は、産院によって、データーが様々、あるところでは、全体の中治療の30%というところもあれば、36.5%、43%という所もあります。

 

このタイミング法で肝心なのは、セックスのタイミング。

妊娠可能期間は、排卵日の6日前から、排卵日直後くらいまでです。この間のセックスが肝心です、そして、その中でも排卵日の1~2日前が一番妊娠確率が上がる日と言えます。

 

また、受精率をあげ、セックスのときのストレスを軽減してくれるものに、潤滑ゼリーというものもありあす。

通常のローションを使うと、受精の妨げになるって知っていましたか。

妊活用の潤滑ゼリーは、精子が体内で泳ぎやすくするためにPH等を整えてくれます

ですので、膣内で精子の生存確率アップが期待できます。

超お勧めなのが、日本製の【ベイビーサポート】と言う妊活ゼリー。

通常のものより量も多めで安心。さらに、余った分は1本から返品できるんです。

痛みも緩和できるし、何より感度も上がって気持ち良いです。どうしても、妊活中だとストレスになりがちなセックスですが、これがあることで抵抗がなくなりました。

人気記事→”妊娠しないのはセックスに問題があった!?セックスは気持ちよくなきゃ!妊活用ラブコスメ特集!”はこちらをクリックする

排卵日付近は毎日タイミングするの??

排卵日周辺を狙ったセックスをタイミング法と言いますが、このタイミングの取り方にはいろいろな方法があります。産婦人科によってもお勧めが違ったりするので、ご夫婦の取りやすいタイミングで行うのが一番。

 

排卵日の前後5日間程の間、なるべくたくさんセックスするように勧めているところがあります。できれば、2日置くらいですと、常時精子が体内にいる形になります。

ピンポイントで、この日、と決めてしまうと、どうしても緊張してしまいます。仕事で忙しかったりすると、時間を合わせるのにストレスになってしまったり、無意識に緊張してしまい、うまくセックスができなかったりするからです。

 

タイミングEDと言う言葉があるくらい、この日のストレスや緊張感は妊娠にとってあまり良い影響を及ぼしません。

 

排卵日付近だけでなく、日頃からなるべくたくさんセックスすると、妊娠しやすくなると言う事もあります。セックスを毎日行うと、精子が薄くなってしまう、という話を聞いたことはありますか。実は、そんな事ないのです。

 

精子の老化や酸化の事を考えてみても、こまめに放出するのは良いことなのです。6日日以上そのままにしておくと、精子の劣化がどんどん進んでしまう。

 

こまめなセックスが大変な場合などは、マスターベーションなどでも良いので、意識して時折放出するのは大切なことです。

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

まとめ

妊娠に必要なのは、排卵日周辺を狙ったセックスという事になるのですが、このタイミング法というのが、なかなか大変だったりします。

 

この日、とセックスする日を決められてしまうと、どうしても上手くいかなかったりします。仕事で忙しくて、タイミングを取れなかったり、緊張してしまい、セックスが続かなかったり。

タイミングEDという言葉があるくらいに、この日のタイミングの取り方にはストレスが多く絡んできます。ですので、厳密に日にちを指定せずに、排卵日周辺に2日置き位のセックスをすることをお勧めします。

 

20代や新婚間際ですと、”毎日”と言われても苦痛ではないかもしれませんが、不妊生活が長かったり、年齢が上がってくるとそうも言ってられなかったりするから。

 

6日以上ため込んだ精子は、酸化してしまい、劣化が進みます、ですので精子は溜めずに、なるべくこまめに放出することをお勧めします。

 

いずれにせよ、夫婦仲良くお互いに一番心地よい条件でセックスできると良いですね。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング