妊娠したい

不妊治療をしても授からない確率は高い??不妊治療しない方が良い!?

結婚後、なかなか子供が授からなかったりすると、自然妊娠の方が良いのか、それとも不妊治療した方が良いのか、悩んでしまう気持ち良くわかります。できれば、不妊治療せずに妊娠したい、というのが本音ではないでしょうか。

 

この問題は、どちらが良いとは一概には言えない問題です。判断するにあたり、ご夫婦の考え方が非常に大事になてくるからです。

どこまで、子供が欲しいと思っているのか、どこまでの治療に挑むのか、、、。各家庭様々な状況下でくらしているから、いろいろなのは当たり前なのですが、共通の判断基準の一つに、年齢があります。

 

年齢が上がってくれば、当然のことながら、妊娠率は下がり、流産や染色体の異常等のリスクが強まります。このように妊娠とは、時間との戦いという側面もあります。

妊娠を希望されて、一定時間が過ぎたならば、とにかく早めに、産婦人科や不妊治療院へ行くことをおすすめします。

 

そして、その結果をもとにご夫婦で良く話し合ってください。

 

妊活は、長いトンネルに例えられます、先の見えない暗闇ほど、苦しいものはありません。どこまで治療するか、いつまで続けるのか、あらかじめ辞め時というのを決めておくと良いでしょう。そして、そこへ到達したらまた考えれば良いのです。

 

妊娠の確率について、お話しますので、以下の情報を参考に、ご夫婦で話し合ってください。さらに、妊娠のことだけでなく、何が自分たちにとって本当の幸せなのか、そのことについても、お互いの率直な意見を聞いておくのが良いでしょう。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが見守っていますよ。

不妊治療しても授からない確率は高い??不妊治療しない方が良い!?

不妊治療をしてもなかなか授からない事があります。その確率はどのくらいなのでしょうか?

妊娠というのは、奇跡的な事。卵子の状態、子宮の状態、そして旦那さんの精子の状態、セックスのタイミングなどなど、様々な条件が重なり、それがすべて整はなければ、妊娠は成立しない。

 

簡単に、受精、着床、誕生、といっても、奇跡的なことの積み重ねで妊娠が成立し、そして命が生まれるのです。

 

この奇跡的な条件に、年齢という要因が重なると、さらに年々、妊娠が難しくなってしまう。

 

妊娠というものは、本能的なことですし、治療をするとなると時間やお金、体力的なことの負担が大きくなってきます。できれば自然妊娠妊娠したい、不妊治療なんてしない方が良い?そう疑問に思うことは当然です。

 

では、一体実際の確率というのは、どのくらいになるのでしょうか?それをもとに不妊治療しない方が良いのか、それともトライするべきなのかご夫婦で考えてみるのが一番なのです。

まずは、不妊治療の後の妊娠確率を見て見ましょう。

 

不妊治療妊娠確率

 

 

図1 不妊治療における年齢と生産分娩率(生産分娩数/総治療周期数)※生産分娩率…1回の治療で出産に至る確率

 

上記のデーターは、不妊治療をした場合の、1回の治療におけるデーター。

 

  • 20代後半・・・20%
  • 30代前半・・・17%
  • 30代後半・・・12%
  • 40代前半・・・5%
  • 40代後半・・・0.5%

 

30代後半から、40代にかけて、ぐっと確率が下がります。

 

自然妊娠確率

 

 

 

一周期で見た時の妊娠確率になります。

 

  • 20代後半・・・30%
  • 30代前半・・・25%
  • 30代後半・・・17%
  • 40代前半・・・5%程
  • 40代後半・・・2%程

 

数字的には、自然妊娠のほうが、良さそうにも見えますが、これはあくまで、不妊要素のないご夫婦の数値も含まれています。

 

数字だけでの判断では、難しいことなのですが、条件を狭めて、妊娠しづらいご夫婦のみの数値にすると、当然ながら更に確率はさがります。

 

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

不妊治療しない方が良い?するほうが良い?

不妊治療をするか、しないか、これはとてもナーバスな問題です。夫婦で良く話し合って進める必要があります。

 

そして、この決断には、”年齢”というものを考慮に入れる必要があります。ここが、とても重要なポイント。

 

なぜなら、時は戻せないから。

 

不妊治療を始めるのも、まずは、検査から入ります。夫婦共に体の状況を把握するのは必須。そして、検査には時間がかかります。

 

各医院によって差はあるのですが、おおよそ1ヶ月〜3ヶ月はかかります。女性の場合は、月経周期にあわせて検査が必要になるから。

 

不妊治療を始めるか、始めないかは別として、検査を受けておくというのは早めにこしたことは無いでしょう。

 

年々、体もそうですが、卵子も老化をしていくのです、そしてその数を減らしていってしまします。。

 

卵子の数の減少と老化。

 

卵子

 

上記の図のように、卵子の数というのは、どんどん下がっていきます。

 

生まれた時点で持っている数は、約200万個。その後、月経の始まるころ約180万個が自然消滅、およそ20~30万個に減っていきます。

 

月経後、1周期ごと、1000個ほどの卵子が減っていくかたちになります。

卵子の数も減るのですが、卵子の質というものも、劣化していってしまいます。卵子は老化していくのです。

 

不妊治療、自然妊娠、気をつける事は?

 

不妊治療をするにあたって、気をつけなければならない事は、出口を作っておく、ということです。不妊治療は良く長いトンネルにたとえられます。

先が見えな暗闇、トンネルは、必要以上にストレスをためてしまいます。ですので、夫婦先に出口、すなわち”やめ時”を設定しておく必要があります。

 

例えば、何歳になったら辞めようとか、この治療までしたら、辞めようとか、区切りを決めておき、そしてそこに到達したらまた考える。一度身を引くのも良いですし、そのまま行けそうなら、続けていく。

 

自然妊娠においてもそれは言えます。いつまでも、いつまでも、タイミングを気にしたセックスは辛くありませんか?

この場合も、区切りをつけて考えるとよいでしょう。そして、ご自分たちの体の状態を把握した上で、妊娠力をつけるよう生活改善をしていく事が望ましいのです。

 

生活改善には、食生活、そしてストレスをためないように適度な運動、6時間以上の睡眠等があります。

 

生活習慣、と言うと面倒に思うかもしれませんが、慣れてしまえばそれほど苦になりません。ぜひ、ご夫婦で取り組むのが良いでしょう。

 

人気記事→”妊娠しないのはセックスに問題があった!?セックスは気持ちよくなきゃ!妊活用ラブコスメ特集!”はこちらをクリックする

まとめ

不妊治療をしても、授からない確率について、お話しました。そして、不妊治療しない方が良いのか、それともした方が良いかどうか。

 

結論から言いますと、ご夫婦で話し合うのが一番です。そして、何が一番必要なことなのか、何が自分たちにとっての本当の幸せなのか、その事について考えてください。

不妊治療は、長いトンネルに例えられます。先の見えない暗闇ほど、苦しいものはありません。

 

どこまで治療するか、いつまで続けるのか、あらかじめ辞め時というのを決めておくと良いでしょう。そして、そこへ到達したらまた考えれば良いのです。

 

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング