妊娠したい

妊活痛い!?卵管造影、痛い理由と痛い人とは?痛みはいつまで続く?

妊活に痛みは付き物??妊活中、検査の中で最大の痛み、と言われるのが、卵管造影。この検査ですが、痛みのあまり検査中断を余儀なくされたされた、とか、失神にまで至ったケースもあります。

 

しかし、その反面、まったく痛くなかった、もしくは、軽い生理痛程度だった、と言う話も。

 

この、痛みの理由と、痛い人と痛くない人の違い、そしてその痛みはいつまで続くのか。

 

今回は、この事についてお話しますね。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを、赤ちゃんが見守っていますよ。

 

妊活痛い!?卵管造影の痛い理由。痛い人と痛くない人、痛みはいつまで続く?

妊活中の検査のなかで、一番痛みを感じる検査として有名なのが、”卵管造影”です。この、卵管造影ですが、痛みのある人と、無い人に分かれます。

 

痛みのある人と、痛みのない人との違いはなんでしょうか。そして万が一痛みが出てしまった場合、その痛みはどのくらい続くのか。

 

まず、卵管造影の検査の流れから説明していきますね。

 

 

卵管造影、検査の流れと説明。

 

卵管造影は、卵管の通過性(つまりがないか)を確認する検査です。卵管の長さは10㎝程、直径は細い所で1mmくらい。卵巣から子宮に向かって左右に伸びる管の部分が、卵管です。

 

卵管が詰まっている場合、そこから先は造影剤が入っていかない。そうすると、映像には映らないので、つまりが確認できるというわけです。子宮の形や、卵管の癒着も同時にわかる。

手順としては、以下の通りです。

 

  1. 膣内の洗浄。
  2. 子宮口から、バルーンカテーテルを挿入。
  3. 造影剤を注入。(クリニックにより、油性の物を使ったり、水性の物を使ったりします。油性の物の方が妊娠率があがる、という研究結果もあります。)
  4. 子宮内腔から卵管、そして腹腔内へ造影剤が流れていくのを画像を見ながら確認。
  5. レントゲン撮影。

 

以上が、ざっとした流れです。

検査後はお風呂ではなくて、シャワーでの入浴を。セックスですが、検査後すぐでも大丈夫と言う所と、3日程抗生物質を処方され、それを飲み終わってからという所があったり、様々です。

 

この、卵管造影検査ですが、卵管の通りを良くするせいか、検査後の1~6ヶ月は妊娠しやすく、”ゴールデン期間”と呼ばれています。

この検査で油性の造影剤を用いた場合、水性のものよりも、さらに妊娠確率が上がる、という研究結果も報告されています。

 

 

痛みのある人、痛みのない人。

 

この、造影剤注入の際に、強い痛みを感じる場合があります。内側から圧力をかけるのですから、無理もないのかもしれません。

 

実際、生理痛MAXの痛み、と言う方もいれば、MAXの5倍と言う方も。気を失う方もいる位に、痛いとなれば、かなり痛い検査。

その反面、まったく痛くないとか、痛くても軽い生理痛くらい、と言う方も。

 

実際、自分の場合は、痛みはほとんどありませんでした。ちょっと下腹部に張りを感じるくらいで、全く気にならない程度のものでした。

 

痛みは無かったのですが、精神的苦痛というか、恥ずかしさというか、そちらの方がまさっていた。通っていた不妊専門医に、卵管造影の出来る設備がなく、他の総合病院での撮影になったのですが、これが本当に嫌でした。

 

一般の総合病院で、先生もそこへ来て処置をしてくれるのですが、レントゲン技師さんも同席していて、なんというか、それが嫌。わがままを言ってる場合では無いのですが、嫌なものは嫌ですよね。

 

女性の看護師さんとか、婦人科専門の先生なら、それでもまだ良いかと思えるのですが、一般の技師さんの前でショーツを下ろし、レントゲン台に寝て、足を開き処置を受けるのですから、相当シュールな図だったと思います。

毎回の診察台だって慣れないし嫌なのに、さらに総合病院の一般のレントゲン室となるとほんと苦痛でした。(技師さんにしてみれば、他の症例も見てらっしゃるし、何てこととは無いと思うのですが、自分が嫌でした。)

 

そんなこんなで、終わった後にレントゲン写真を見せてもらったのですが、初めて自分の子宮全体図が見れたので、嫌だったことも忘れ、嬉しかったのを覚えています。ちなみに、つまりはありませんでした。

 

人気記事→「今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?」はこちらをクリックする。

 

痛みを感じる人と、痛くない人の違い。

 

痛いとなれば、相当の痛みを伴うこの検査ですが、痛くない人もいる。その違いですが、詰まっていると痛い。詰まっていないと痛くない、もしくは痛みが少ない、と言えるでしょう。

 

その一方で、処置を行う先生の技量、と言う話も。造影剤を入れるスピードと量により、痛みの差が出てくるという説。たしかに、内側から不用意な圧力が加わるわけですから、そっと、そして適量でなければ痛いわけです。

 

万が一、痛みが出た場合でも、半日~1日で痛みは消えます。1日以上痛みが続く場合は、細菌による炎症が疑われてるので、速やかな受診をお勧めします。

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

まとめ

卵管造影検査ですが、痛いと言う人と、痛くないと言う人に分かれます。痛いとなると、とてつもなく痛い。痛くないもしくは、軽い生理痛位で済む人もいます。

 

卵管が詰まっていると痛いとか、造影剤の入れ方によるとか、諸説あります。いずれにせよ、痛み自体はずっと続くものではなく、長くても1日、通常の場合検査が終われば痛みは引いていきます。

卵管が詰まっていれば、受精できない訳ですから、必須検査のうちに入ります。この卵管造影検査の後では、妊娠率がアップ。

 

1~6か月は、ゴールデン期間と言われ、妊娠の可能性が上がるのです。自分の子宮全体図も、はっきりと見れるので、痛みは怖いかもしれませんが、検査することをお勧めします。

診察に伴い不安もあるかと思います。そんな時は、先生に直接質問してみるのが一番。悩んでいるより行動です。そうすれば道はおのずと開けていきます。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング