妊娠したい

妊活男性編!コーヒーは良くないって本当!?男性サプリのあれこれ。

赤ちゃんが欲しい、妊娠したい、と思って情報を集めたり、妊娠に向けての活動していくことを”妊活”というのですがこの妊活、女性一人で頑張ってしまいがち。

 

一人では妊娠できないのと同じように、女性サイドだけの問題ではなく、同じく男性サイドの問題でもあります。

 

妊娠に向けて、女性は葉酸を摂取したり、体に良いことを色々し努力するのですが、なかなか男性サイドが積極的に妊活してくれることは、少ないのではないでしょうか。

 

妊娠は夫婦揃っての問題なので、旦那さんと一緒に妊活するのが一番。

 

さて、妊娠中に食べた方が良いもの、これは女性の場合葉酸であったり鉄分、ビタミンなど色々ありますが、男性はどうなのでしょうか、食べた方が良い物ってあるのでしょうか。

 

そして、コーヒーは良くないという話聞いたことがありますか。

私は妊活痛中、男性の精子にとってコーヒーは良くないから、控えた方が良いという話を、何度か聞いた事があった。

今回はその辺について話してみますね。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを、赤ちゃんが見守っていますよ。

妊活男性編!コーヒーは良くないって本当!?その真相は?男性サプリのあれこれ。

妊活は女性だけの問題ではありません、男性も協力できることはたくさんあります。

 

今回は、男性用のサプリのことや、コーヒーは良くないって本当?ということについて、お話ししていきたいと思います。

 

コーヒーは良くないって本当?

 

妊活について色々調べたりしていると、時々コーヒーを控えましょうとか、コーヒーは妊娠に良くない精子に良くない、などと聞くことがあります。それは一体どういうことでしょうか。

 

コーヒーというのはカフェインが含まれています、コーヒー以外にも緑茶や紅茶、ココアなどにもカフェインが含まれています。

このカフェインですが、1日三杯のカフェインの摂取で、精子の染色体異常のリスクが高まる、という研究結果が出たことがあります。さらに妊娠前一日二杯以上のコーヒーを飲んでいたら流産の率が73%も高くなった、という結果もあります。

 

これだけ聞くと、やはり良くないか、と思ってしましますが、一方で、一日1杯のコーヒーで、妊娠確率があがった、と言う報告もあった。

 

結局どういう事かというと、まだ科学的裏付けや、充分な統計結果がでていないうちから、”良くない説”だけが独り歩きしてしまったのです。

 

ですので、コーヒーは大量に毎日飲み続けなければ大丈夫。とはいえ、カフェインが含まれているのは、確実です。

 

 

カフェインは、体を冷やしてしまいます、血流を悪くしてしまう可能性があるので、できれば大量に摂取する、と言うのは避けたいですね 。

 

精液というのは、体の中で独立して存在しているわけではありません。体に取り入れたものが、血液や尿に影響を与えるように、同じく、精液にも影響をあたえる。

 

さてここで、話がそれるのですが、精液について少し説明します。

 

精液は、精漿(せいしょう)と呼ばれる精子以外の成分と、精子で成り立っています。この精漿の成分ですが、愛情ホルモンのコルチゾールや、気持ちを高揚させてくれるエストロン、オキシトシン、そして幸福感を司るセロトニン、睡眠にとって重要なメラトニン、といいう5つのホルモンが入っている。

 

その、”効能”について調べた結果があります。(ニューヨーク州大学調査)

 

なんと、コンドームを使わずセックスしていた女性のほうが、コンドームを使ってセックスしていた女性より、はるかにうつ症状の度合いが低いことがわかりました。さらに、集中力テストと認識力テストにおいても、はるかに良い結果が出された、との事。

 

まさか精液に効能があるなんて、と驚きですが、研究結果の答えによると、そういう事になります。

 

ちなみに、精子力アップ、精力増強の食べ物は、以下の通りです。

 

牡蠣や、牛ひれ肉、レバーなどに含まれている、亜鉛。ウナギやレバーに含まれる、ビタミンA。肉、卵、魚介類、ナッツに含まれる、アルギニン。イカ、タコに含まれる、タウリン。ひまわり油、紅花油、ナッツ類に含まれる、ビタミンE。青魚に含まれる、EPA。

特に、性欲のためには、ネギ、ニラ、あさつき、ラッキョウ、ニンニクに含まれる、アリシン、が効果的。山芋、オクラ、納豆などに含まれる、ムチンも良いとされています。

 

こういったものを積極的に取り入れていくのも大事ですし、なにより健康であることが重要です。

 

バランスの取れた食事と、適度な運動を心がけましょう。

 

妊活!男性用サプリのあれこれ。

 

精子につての問題は、だいたい2つに分かれます。一つは、精子を作る段階での問題、これが8割をしめます。残りの2割は、勃起不全や、射精障害などになります。

 

酸化ストレスは、精子の運動能力を落とす以外にも、DNAの劣化を引き起こします。精液中の抗酸化力を高めることが、大きなポイントとなります。

 

男性不妊対策として、精子の量、質を上げてくれるもの、そして、精液中の抗酸化力を高めDNAを守ってくれるもの、さらに、抗酸化力を高めてくれるもの、というのが理想。

これらのサプリメントですが、亜鉛や、還元型コエンザイムQ10、葉酸、ビタミンC、E、マカ、などが含まれているものが多いようです。

 

そして、これらを含んだ上に、さらに精子の運動能力を上げてくれるサプリメントがあります。

 

精子の構造はとてもシンプルで、無駄なものが一切ない形をしているのですが、この精子の運動エネルギーは全てミトコンドリアが供給しています。

あの、おたまじゃくしのような形の三角の核の下にミトコンドリアを巻きつけていて、そこからエネルギーを供給してもらっています。

 

ですから、精子の運動能力を上げるためには、ミトコンドリアの活性がかかせません

 

ミトコンドリアを活性化させるには、運動と食事による体質改善が必要なのですが、今はサプリメントで補うことができるんです。

 

お勧めなのはNINCaL(ニンカル)というサプリメント。

妊娠に必要な栄養素がバランス良く入っている上に、ミトコンドリアサポートしてくれます。

精子にも良いですが、卵子にもとても良いです。エイジングケアも期待できるのでお勧めのサプリ。

運動や食事による体質改善でも、ミトコンドリアを活性化させることはできるのですが、なかなかそうもいきません。

”運動しなくては”と思ったり、食事を制限したりでは、ストレスが溜まってしまい逆に妊娠しづらくしてしまいます。

手軽にとれるサプリメントで、ストレス無く妊活するのも一つの方法です。

 

→【記事】「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?はこちらをクリックする

まとめ

妊活は、女性一人で行うものではありません。男性も協力して一つの”妊活”です。

 

妊活をしていると様々な情報に出会います。コーヒーが男性精子に良くない影響を与え、妊娠に支障をきたす、と言うもの。

コーヒーは、精子や妊娠にとって”良い”という意見と、”良くない”という両方の意見がなぜか出ており、どちらとも言えない、という結論に達しました。ですが、カフェインが含まれているので、冷えの観点からすれば、大量摂取は控えた方が良いです。

 

サプリメントに関して言えば、ミトコンドリアをサポートするものをお勧めします。精子や卵子の老化を防ぐ以外にも、精子の運動能力を助けたりします。

妊活に必要な栄養素も入っていますので、NINCaL(ニンカル)というサプリメントが特にお勧めです。

 

妊活は、出口の見えないトンネルのようなもの、女性一人頑張るのではなく、男性も一緒に寄り添いながらすすんでいけると良いですね。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング

 

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング