妊娠したい

妊活一年生!妊活の進め方。20代、40代では、妊活でやることは?

最近よく、”妊活”と言う言葉を耳にします。妊活とは、妊娠を望む夫婦が、前向きに妊娠に向かって活動をしていくこと。

 

私が、妊活一年生だった頃。妊活の進め方も良くわからず、セックスさえしていれば、妊娠できると思っていた。

そんな日々が過ぎたある日、なかなか授からない事に焦りを感じるようになっていたのです。それから、情報収集し、病院へ行き、体質改善等をしてきました。

 

では、妊活で一体何をやればよいのでしょうか?

 

妊活でやること、そして、20代、40代での妊活の進め方の違いについて、考えてみましょう。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを、赤ちゃんが見守っていますよ。

妊活一年生!妊活の進め方は?20代、40代では、妊活でやることの違いはあるの?

自分が妊活1年生の頃、なにもわからず、婦人科にもなかなか行かず、いたずらに時間を無駄にしていた時期があります。

 

20代、30代、40代では、妊活の進め方にも、違いがでてきます。

 

女性の一番妊娠しやすい年齢が22歳~23歳と言われています。健康な状態であれば、20代は子宮内膜も分厚く、卵子も順調に育ち、排卵、受精、着床といった妊娠の3ステップを順調に歩んでいくことができる。

厚生労働省26年の調査によりますと、第一子出産の平均年齢は、30.6歳。20代の出産は減少し、35歳以上の出産が増えているというのが現場。

 

中でも40歳以上の出産、四十歳から45歳女性44歳の女性が産んだ子供の数は95年に、1万2千472人、約20年後の14年は4万9千606人とほぼ4倍になる勢いで増えています。

 

40代の出産といえば、以前は、出産経験のある女性が多かったのですが、最近では40代で一人目を産む人も増加。

 

ですがやはり、年齢が上がるにつれ妊娠率は下がっていきます。

 

妊娠率は35歳以下ですが、36.1%、45歳では、6.5%に。そして、流産率は35歳ですと、21%ですが、45歳になると、61.4%に。

年齢に関係なく、もし妊娠を望むのであれば、早めの受診をお勧め。20代でも、自分の体を知っておくことが必要ですが、40代になれば、なおさら。

 

体外受精のデータを見ていきますと、体外受精における、妊娠率は29歳以下で75%、30歳~34歳で、65.5%。35歳~39歳で46.5%。40歳以上で14.3%となっています。

 

年齢にかかわらず、赤ちゃん欲しいと思った場合、時間を無駄にしないためにも、そして、自分の体を把握するためにも、ご夫婦揃って早めの受診がお勧め。

 

→【記事】「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?はこちらをクリックする

年齢別、妊活の進め方

 

20代、30代、40代では、妊活の進め方と言うか、受診後の進み方、というのが微妙に変わってきます。

 

20代の場合、5回程、自家でのタイミングをねらってのセックスを繰り返し、それでもなかなか授からないとなれば、婦人科か不妊専門のクリニックへ行くことをお勧め。

 

婦人科では、検査とタイミングの指導が始めります。これを2回~6回ぐらい繰り返しそれでも、という場合は高度な不妊治療の方に踏こんで行く、という流れに。

ちなみに不妊の定義というのは、健康な男女が普通の性生活を送って、1年間妊娠しない場合は不妊ということになります。

 

しかし、赤ちゃんが欲しいとなれば、早めに受診した方が、時間を無駄にしなくて良い。

 

30代前半の場合、ご自宅でのタイミングを3回~6回繰り返し、それでも妊娠しないとなれば婦人科に受診し、検査をし、そして2~6回病院でタイミングを測り、その後、人工授精など、高度な不妊治療に進んでいきます。

 

検査の状態で原因が見つかれば、すぐに治療を開始できますし、30代からは、子宮筋腫が増え始めたりもしますので、赤ちゃんが欲しいと思えば、早めの受診がおすすめ。

 

30代後半となってくると、妊娠率が急激にダウン

 

ですので30代前半後半では治療の進め方が少し違います。ご自分でタイミングを取ったセックスを3回ほど繰り返して、それでも妊娠しないとなれば、すぐに検査に行った方が良いでしょう。

そして、病院でタイミングを診てもらい、それを、2回~6回繰り返し、それでもだめな場合は、高度な治療へと進んでいく形に。

 

40代で妊娠を望む場合は、出来るだけ早く検査に行った方が良いでしょう。

 

子宮内膜の厚さや、卵巣、卵子の老化なども絡んでき、そしてタイムリミットも近づいてきていますので、とにかく早めの受診。

 

ご夫婦揃って早めの受診と、体質改善。これが重要になってきます。そして、検査をした後にタイミング法で進んでいくのか、それとも人工授精などの高度不妊治療に進んでいくのか、まずは検査された後に、ご主人と考えていくのが良いですね。

 

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

 

 

妊娠に関してどうしても不安な場合は、占いに頼ってみるのも一つの方法

 

自分の場合は、”旦那さんとの体の相性”と”開運方法”を鑑定してもらいました。

単刀直入に”授かるかどうか”を聞きたかったのですが、”生死”に関することはNGだったので、その点は聞けなかったです。

でも、結果的にとても良い方向に行きました。

 

鑑定内容ですが、「心配はいりません、旦那さんとの相性も良いですし、全体的に良い兆しがみえます。」という結果をいただき、アドバイスとして、二人に合う開運方法を具体的に教えていただいたんです。

開運方法はベッドの位置だとか、部屋に使う色など風水的内容や心の持ちよう、生活に取り入れるべきことなど、私たちに合わせたオリジナルな開運方法でした。

それが良かったのか、実践してみた後、程なくして赤ちゃんを授かることができたんです。

 

ですので偶然なのかもしれませんが、この占いは当たっていたと言えると思います。

 

なにより、鑑定していただき不安が晴れたので、気持ちがとても落ち着きました。

気休めかもしれませんが、結構こういう気休めって大事、悩んでばかりいると物事は悪い方へ進みがちだからです。

でも、こうやって違う視点からのアドバイスを貰えると、一気に良い流れに乗ることができます。

私の利用した占いは、【電話占いヴェルニ】というサイトです。

ここの「緋鞠」先生という方が妊活の占でとても有名で、たまたま予約がとれたのでお願いしてみたら、とても親身になってお話を聞いてくださいました。

もし、悩んでいるのでしたらオススメです。

まとめ

20代、30代、40代では、妊娠のしやすさが変わってきます。各年齢にあった進め方があります。ですが、妊娠を望み、一定期間が過ぎても妊娠しなかった場合は、ご夫婦そろっての受診をお勧めしています。

 

排卵日付近を狙ったセックスを、何度か繰り返しても、妊娠しなかったのだとしたら、もしかしたら不妊の原因がどこかに潜んでいいるかもしれない。そして、思わぬ病気、ということもありますので、とにかく、受診。

 

ご自身と、ご主人の体を知った上で、体質改善をしていければよいですね。

妊娠しやすい体作りのために、サプリメントもお勧めですし、不安を感じたら占いという方法もあります。

占い?って思うかもしれませんが、心を軽くするのって妊娠のしやすさにつながっていきます。

 

Let’s!妊トレ!!あなたは決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング