妊娠したい

妊活方法は?20代と40代の違い、妊活はお早めに!タイミングは?

最近よく聞く言葉で”妊活”というものがありますね,妊活とは何でしょうか。妊活とは妊娠をするための活動の事。妊活とは夫婦で前向きに妊娠に対する活動をしていくこと。

 

妊娠の正しい知識をつけ、その上でご自分の体を把握し、妊娠する力をつけていく、という活動です。

では、この妊活ですが20代と、40代の違い、活動方法の違いはあるのでしょうか。やはり早めにした方が良いのでしょうか、その辺を今回見てみようと思います。

 

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを、赤ちゃんが見守っていますよ。

妊活の方法は?20代と40代の違いはあるの?妊活はお早めに!病院へ行くタイミングは?

まず妊活とは、自分の体を知った上で、ご自分の体にあったように妊娠に向けて前向きに活動していくことを言います。

 

まず、妊娠がどういったものかを知り、医療機関に行き、ご自分の体と旦那さんの体がどうなっているかというのをしっかり把握した上で、妊娠力をつけていくための活動をしていく、これが妊活

 

まず大まかな妊活の流れですが、妊娠を望むのであれば、ご自分の体の状態を知るためにも基礎体温というのをつけていくのが大切。

 

基礎体温の付け方ですが、もうご存知の方も多いかもしれないので、ざっくりとだけ説明します。

基礎体温とは、寝ている間の体温のことです。朝起きて横になったままの状態で、舌下で測定します。体温の測り方がバラバラだと正しい得られデータが得られないので、注意が必要。

 

健康な女性の体温は、0.3℃~0.5℃の間で一定のリズムで変化します。毎日測り続けることで自分の体のリズムや、月経の流れなどを把握しておく事ができる。

 

さらに基礎体温表をつけておくと、排卵日の予測もできるようになってきます。排卵日の目安がわかれば、セックスのタイミングもとりやすくなってきます。

 

妊娠といいうのは、女性一人で出来る事ではないですよね。男性の力も必要。

 

不妊の原因ですが、女性ばかりでははなく、男性不妊ということもありますので、少し敷居が高いかと思いますが、妊活をするのであれば、男性もまず医療機関に行ってみるのがお進め。

そして、精子を健康に保つための活動していくというのが良いですね。

 

妊娠には、精子の活動量や質なども大きく関わってきますので、お互いのことと捉え男性もしっかり病院の受診をしておくと良いでしょう。

 

年齢によって、妊活の進め方が違う?20代と40代の違いは??

 

では、20代と40代に、その妊娠妊活の進め方の違いなどはあるのでしょうか。

 

厚生労働省26年の調査によりますと、第一子出産の平均年齢は、30.6歳20代の出産は減少し、35歳以上の出産が増えているというのが現場。

 

中でも40歳以上の出産、四十歳から45歳女性44歳の女性が産んだ子供の数は95年に、1万2千472人、約20年後の14年は4万9千606人とほぼ4倍になる勢いで増えている。

 

40代の出産といえば、以前は、出産経験のある女性が多かったのですが、最近では40代で一人目を産む人も増加しています。

 

ですがやはり、年齢が上がるにつれ妊娠率は下がっていきます。

 

妊娠率は35歳以下で、36.1%、45歳では、6.5%に。そして、流産率は35歳ですと、21%ですが、45歳になると、61.4%になります。

年齢に関係なく、もし妊娠を望むのであれば、早めの受診をお勧め。20代でも、自分の体を知っておくことが必要ですが、40代になれば、なおさら。

 

体外受精のデータを見ていきますと、体外受精における、妊娠率は29歳以下で75%、30歳~34歳で、65.5%。35歳~39歳で46.5%。40歳以上で14.3%となっています。

 

これを見ても、なるべく早くの受診がお勧め。

また、妊娠には卵子や精子の老化を防ぐことが重要です。

そのためのカギとなるのがミトコンドリア。この、ミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

どうせ飲むなら、オールインワンタイプよりもこちらが断然おすすめ。

私が飲んでいるのはニンカルというサプリ。

これは妊活中、妊娠中、産後と飲み続け、そして育児中の今も手放せないです。飲んでいるときと飲まない時では体調が違うくらい、私にはなくてはならないサプリです。

ミトコンドリアを活性化させてくれるので、全身のエイジングケアも期待できる優れもの。

もちろん効果には個人差があると思いますが、40代に入って出産できたのも、このサプリのおかげだと思っています。

このサプリですが、現在キャンペーンをやってます。毎月300名様だけなのですが、11,500円の74%OFF→2,980円で買えるんです。

このお得なチャンスを逃すと8,520円も損してしまうので、お早めにクリックしてみてくださいね。

→ニンカル公式ページはこちら。

年齢別、妊活の進め方。

では、年齢別の妊活の勧め方ですが、いかに箇条書きしていきます。

 

20代。

 

女性の一番妊娠しやすい年齢が22歳から23歳だと言われています、子宮内膜も十分に暑さがあり、卵子の質もよく、数も多いので、普通の夫婦生活送ってれば、2年以内に9割ちかくの方が妊娠するというデータがあります。

 

不妊の定義は、妊娠を望む健康な男女が普通の生活を送っていて、1年間妊娠しない場合。となっているので、1年ほど普通の夫婦生活をしていて、もし授からなければ、婦人科の受診をし検査を受けていくというのも必要。

ただ子宮内膜症や様々な月経トラブルがあったり、他の病気が隠れていたりすることもあるので、やはり妊娠を望むならば、1年を待たずしても早すぎるという事はないので、早めの受診というのが良い。

 

30代

 

30代前半になりますと、20代とほぼ差はないのですが、卵子の質や数が少しずつ下がっていき、着床に必要な子宮内膜の厚さも徐々に薄くなっていきます。

 

ですので30代前半赤ちゃんが欲しいと思ったら、様子を見ずに、まずは検査を受けてみる。というのが、おすすめ。

35歳30代後半35歳になると、妊娠率は急激に下がっていってしまいます。

 

卵子の老化が進む上に、エストロゲンプロゲステロンなどのホルモン分泌も下がってきます。卵巣機能も徐々に低下、子宮の働きも弱くなっていくということもあるので、35歳過ぎると妊娠率が下がったりしてします。

 

もし、赤ちゃんが欲しいと言うならば、すぐに検査をするしてみるというのが一番。

 

40代

 

40代は妊娠のタイムリミットが迫っている状態、と言ってもいいでしょう。

 

卵子の数も減り、子宮と卵巣機能の低下も進みます、妊娠したとしても流産や早産、妊娠高血圧症候群、などのリスクも高まってくるのが40代。

タイムリミットが近づいていますので、時間がないと思い、無駄のない妊活をしていくのが一番。

 

ですから、妊娠を望むのであれば、すぐに検査に行き、その後の治療をどこまで進めていくかは旦那さんと相談し、そのうえで、体を養生し、妊娠しやすい体作りを積極的で取り組んでいくのがよいですね。

 

また、受精率をあげ、セックスのときのストレスを軽減してくれるものに、潤滑ゼリーというものもありあす。

通常のローションを使うと、受精の妨げになるって知っていましたか。

妊活用の潤滑ゼリーは、精子が体内で泳ぎやすくするためにPH等を整えてくれます

ですので、膣内で精子の生存確率アップが期待できます。

超お勧めなのが、日本製の【ベイビーサポート】と言う妊活ゼリー。

通常のものより量も多めで安心。さらに、余った分は1本から返品できるんです。

痛みも緩和できるし、何より感度も上がって気持ち良いです。どうしても、妊活中だとストレスになりがちなセックスですが、これがあることで抵抗がなくなりました。

 

人気記事→「今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?」はこちらをクリックする。

まとめ

妊活とは夫婦で前向きに妊娠に対する活動をしていくこと。

 

妊娠の正しい知識をつけ、その上でご自分の体を把握し、妊娠する力をつけていく、という活動の事。

 

すなわち、妊娠がどういったものかを知り、医療機関に行き、ご自分の体と旦那さんの体がどうなっているかというのをしっかり把握した上で、妊娠力をつけていくための活動をしていく、これが妊活です。

 

妊活の進め方は年齢により変わって来ますが、まずは、夫婦そろっての早めの受診をお勧めします。

妊娠力をつけていく上でやっていかなければならないものは、まずストレス解消、それから適度な運動と、十分な睡眠、身体を温める食事、これが柱となっていきます。

タイミングの日にストレスを感じたら、潤滑ゼリーの使用リーで【ベイビーサポート】というスグレモノもありあす。通常のローションですと妊娠の妨げになりますが、妊活専用のなら受精の確率を上げてくれます。

妊娠後の買い取りも行っていますので、気になるなら早めに使ってみると良いですね。

 

また、妊娠のカギを握るのが卵子の老化、この老化を遅らせてくれるNINCaL(ニンカル)というサプリメントがあります。

 

 

Let’s!妊トレ!!決して一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング