妊娠したい

今月絶対妊娠したい!絶対妊娠する方法とは!?サプリ?それとも…!?

はな
はな
絶対妊娠する方法ってあるんですか!

とらねこ先生
とらねこ先生
どうだろう?妊娠する確率の上がる方法というのはあるよ!

 

妊娠したい!今月絶対妊娠したい!そう思って、がんばっているあなた!

一緒に妊トレしましょう!

 

まず妊娠を希望されて、多分していることは、タイミングを測ってのセックスじゃありませんか?

受診されてタイミングを知らせてもらい、その日にコミットする。もしくは、自分で基礎体温を測り、なんとなく排卵日を予測する。

ちょっとダイレクトな切り出しですみません。

 

生理が順調であれば、排卵日の予想もつきますが、不順であれば、なかなか難しいですよね。今回はそのあたりをお話しつつ、タイミングの日のお困りごとの解決を目指します。

Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを赤ちゃんが、見守っていますよ。

妊娠したい!!絶対妊娠する方法!排卵日って!?

はな
はな
排卵日ってわかりづらいです。

とらねこ先生
とらねこ先生
でも、月に一度のチャンスの日だから、ちゃんと把握しておきたいよね。

排卵日とは、そのものずばり、排卵の起こる日のことです。成熟した卵胞が裂けて卵子を放出する日。

月に一度、月経から月経のおおよそ半分のところで排卵するのですが、これには個人差があります。

 

排卵後卵子の寿命は24時間。精子の寿命は女性体内で72時間ほど、結構短いのです。卵子も精子も1か月ほど長生きしてくれて、好きなタイミングで受精してくれれば助かるのですが、そうはいかない。

 

このタイミングを狙って受精をしなければならないので、とにかく排卵日の予想は大切。

生理が不順だったり、リズムがまちまちだった場合、予想が難しいため、婦人科もしくは不妊専門医へいくのが確実です。

 

ですが、実は嫌なのですよね。自分がそうでした。

 

基礎体温表を見せ、先生に内診してもらい、左右の卵巣のどちらから排卵されるかを教えてもらいう。その後「この日辺りに頑張ってね~。」と言われ、なぜかムッとする…。

わざわざ内診してもらいに行ってるのに、なぜか、”この日にタイミングを持ってください”、とセックスする日にちを指定されるとムッとする…

 

生殖は、愛から始まる、衝動から派生する。と思っているから、たとえ先生であろうと、人から指定されると嫌なのですよね。

 

妊娠したいと思ったら、まずタイミング!排卵日の予想は??

 

排卵日は、婦人科で診てもらう以外にも基礎体温表をつけ、グラフから読み取ることもできます。

 

女性の体温は、主に低温相と高温祖にわかれます。低温相は、36.0℃~36.5℃。高温相は、36.5℃~36.8℃。低温相から高温相に移り変わる時、体温ががくんと下がる時があります。これが、排卵のタイミング。

 

ですが、この下がった瞬間に排卵、というわけではなく、この日を含めた前後1~2日に排卵が起きます。

ただし、これも個人差があり、体温が下がらない人もいます。ですので、排卵検査薬を使うと、もう少し排卵日がわかりやすい。

 

排卵検査薬は、黄体ホルモンの濃度を測り、排卵を予想するものです。陽性反応が出たら、当日か、翌日が排卵日、という事。

 

それ以外にも、頸管粘液でもおおよその予想はできる。頸管粘液は排卵期には精子の子宮腔内への精子の侵入を手助けし、それ以外の時は精子が子宮腔内へ入らないよう妨げる働きをします。

人間の体は、すごく良く出来ているのです!

 

普段より、膣がしっとりとしてうるおいが増し、粘り気のあるおりものが出ていれば、排卵が近いというサインになります。

 

詳しく読む→妊娠したい!タイミングの取り方、排卵日付近毎日タイミングって??

詳しく読む→妊娠方法!毎日仲良し妊娠確率!排卵日付近毎日仲良ししなきゃダメ?

詳しく読む→妊娠方法!排卵日以外妊娠ってするの!?一番妊娠しやすい日とは??

 

 

参考:

Wikipedia排卵 

Wikipediaタイミング 

Wikipedia基礎体温 

なかむらアートクリニック

医療法人浅田レディースクリニック

 

 

 

はな
はな
排卵日ってやっぱり大事ですね。

とらねこ先生
とらねこ先生
生理を整えると予想しやすくなるよ。そして重要なのが卵子の老化を遅れさせること。運動やサプリメントなどでも改善できるよ。

 

→【記事】「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?はこちらをクリックする

妊娠したいあなた、経験ありませんかこんな事!大切なタイミングの日の過ごし方。

排卵日の予想がついたら、その日の4日前から排卵日当日が妊娠の確率が高まる日、という事になります。このうち、排卵の1~2日前が最も妊娠確率の高くなる日、になります。

 

妊娠可能な日は、排卵日前6日間と、排卵日当日、の計7日間なのですが、卵子と精子の寿命を考えると、やはり排卵当日とその4日前の計5日間にタイミングを持つ、というのが重要です。

婦人科の先生によっては、前日、前々日と、最も妊娠の確率の高まる日をはっきり指定してくれます。

 

ちょっとわかりづらかったかもしれませんが、排卵の1~2日前がもっとも妊娠確率が高まりますので、その日辺りをねらって1~2日おきのセックスが望ましいです。ピッタリその日を狙えればそれに越したことはありません。

 

性ホルモンバリバリの20代や、新婚夫婦でしたら、1~2日おきのセックスに特に抵抗は感じないかもしれませんが、不妊生活が長かったり、結婚後何年も経っていたり、年齢も重なってくると、1~2日おきに頑張ってね、と言われても、辛くないですか

 

 

さらに、「この日とこの日にタイミングをもってね。」と言われても、その日に用事があったり、仕事の帰りが遅くなったり、旦那さんがあまり乗り気でなかったり、となかなかスムーズにいかないものです。

 

まして、不妊歴6年ともなると、タイミングそのものが、スポーツイベント、みたいになってきていました。愛とかエロスとか、はい、ほぼ無いです。一つの労働。

 

そんな事ありませんか、自分は、、、結構つらかったです。

 

この”タイミングの日の決められたセックス”。これから抜け出したかったです。赤ちゃん欲しい、もちろんそれもありますが、この状態から抜け出したい、そんな気持ちも大きかったです。

だって、濡れていないと痛いんです。男性はいまいちここら辺がわからない方も多いかと思います。労働、と言うより苦役、に変わっていました。

 

赤ちゃんできなくて悩んでいる方。性交痛、とまではいかなくても、大なり小なり、この悩みを抱えているパターンが、意外と多い。

結婚生活と前戯の長さは反比例する、という説があるくらい。結婚生活が長いと、無意識のうちに前戯の長さが短くなってきていることも関係しています。

 

男性は、膣の中が感じる、と思い込んでいる方もいます。もちろん膣も感じます、はい、気持ち良いのは確かです。

ですが、そこだけでは無いですよね。発生学的には、クリトリスとペニスは同じなんです。ですので、クリトリスでオーガズムを感じることの方が圧倒的に多いのです。でも、それがいまいちわからなかったりする。

 

まして、妊娠のためのタイミングでセックスをする。ということが始まると、より前戯の時間が短くなってくる、という事もあります。だって、ほぼ労働、になっていますから!

じつは、この悪循環が赤ちゃんの出来づらさの原因にもなっているのです。

 

女性がオーガズムに達しなくても、受精はできます。ですが、射精の1分~45分後のオーガズムはよりたくさんの精子を体内で保持する働きがあります。

 

それと、女性がオーガズムに達するとき、いわゆる、”イク”とき、骨盤底筋と子宮頚部のリズミカルな痙攣が起きます。女性ならわかりますよね、あの…ビクビクッとなるとき。

そのときに、この収縮を利用して、精子が子宮の中に吸い込まれていくのです。

凄いと思いませんか!人間の体って凄いです!

 

ですので、オーガズムは、なくても妊娠できますが、あった方が良いです。

 

なにより、負の連鎖から解放されます。痛い→やりたくない→でもやらなきゃ…って、辛いですよね。快感があれば辛くは無い。

 

この負の連鎖から抜け出せる、痛みの回避策はいくつかあります。

 

そのうちの一つが、妊娠の確率を上げ、セックスの感度も良くしてくれる妊活専用の潤滑ゼリー。

 

通常のローションでは受精の妨げになってしまうのですが、この潤滑ゼリーですと膣内の環境を整えてくれて、精子にとって生きやす状態にしてくれます。

 

その他、濡れにくいという方には、リュイールホットという美容液があり、こちらはセックスの前に塗るだけで、心地よさが内側にじわじわ広がるというもの。

 

これは、かなり気持ちよくてちょっと病みつきになります。この感覚は男性にはわからないかと。

 

子供を作るためのセックスとなると、男性の方はなんだか種馬になったような気分で、気持ちが乗らなかったりします。

そうなってくるとタイミングの日を告げるのも気を使ってしまう時ありませんか。

 

言葉で告げずになんとかならないかと思い、いろいろ試してみた結果、”香りで誘う”というコンセプトで作られた香水があります。

これ、かなり優秀で、まとうだけで男性の本能を刺激するんです。そして、無意識に性欲が湧いてくる。

 

この香りで1度セックスすると、また同じ香りを嗅ぐだけで、反射的にセックスしたくなるのです。これ、効果がありすぎるので普段はあまり使わないようにしました。

 

そんな面白い香りもあるんです。

 

妊活中はセックスというのが苦痛になるときが多いのですが、こういったものを使うことでストレスを解決することができますので、ぜひトライしてみることをお勧めします。

詳しくは下記の記事を御覧ください。

→妊娠しないのはセックスに問題があった!?気持ち良いセックスがしたい!妊活用ラブコスメ特集!はこちらをクリックする

はな
はな
なんかディープな話だったような…。

とらねこ先生
とらねこ先生
ちょっと恥ずかしいけど、大事な話だね。ストレスは妊娠の大敵だから、できるだけ快適に過ごせるようにしたほうが良いね。

「妊娠したいけど、高齢だから、、、。」と言って、諦めていませんか?

妊娠したいと思っても、高齢だからって諦めていませんか。

 

確かに、高齢になってくると妊娠しづらくはなってきます。しかし、その反面40代だってすんなり妊娠できる方もいます。

 

この、高齢になると妊娠しづらいというのは、卵子の老化が関わってくるから。

いくら肉体が元気であっても、卵子の老化というのは切実な問題になってきます。その理由としては、卵子は新しく生み出されることはないということが原因になっています。

 

女性は、生まれた時にすでに卵子の元となる”原始卵胞”と言うものをすべて授かった状態で産まれてきます。この、原始卵胞が順番に大きく成長しそのうちのほんの僅かな卵胞のみが排卵されるようになるのです。

 

少し、分かりづらいかもしれませんが、生まれてくるときに”卵子の赤ちゃん”を、一生分持って生まれてきて、その後、この”卵子の赤ちゃん”は、作り出されることは無いのです。

 

ですから、ご自身と同じく卵子も歳を重ねていくのです。

30歳の方の卵子は30歳、40歳の方の卵子は40歳、ということになります。

では、高齢になったので妊娠は諦めた方が良いかというと、そうでもありません40歳代の出産件数と言うのは、年々増える傾向にあります。

 

もちろん、高齢になってくると、それなりのリスクと言うものも生じてきます。その件に関しては、各々がどう考えるかにもよりますが、現状がどうなっているのか知っておく必要はあると思います。

 

詳しく読む→妊娠したい!私はこれで妊娠しました!?高齢出産、排卵日計算方法は?

詳しく読む→高齢妊娠確率?49歳の自然妊娠確率は?自然妊娠最高齢はいくつ??

詳しく読む→42歳出産!やっぱり妊娠したい!高齢出産そのリスクと出生率は?!

 

参考:

Wikipedia卵胞形成

日本産婦人科医会

浅田レディースクリニック:

 

妊娠したいと思ったら、知っておきたい大事なポイント

話は戻りますが、40歳代になっても、すんなり妊娠する方もいれば、そうでない方もいるのですが、その差というのに卵子の状態が大きく関わってきます。

卵子は、ご自身と同じく歳をとっていくのですが、その老化のスピードと言うものに個人差があります。この老化の程度が妊娠のポイントになってきます。

 

この、卵子の老化速度を遅らせて妊娠しやすい状態に持っていくのに、カギを握っているのがミトコンドリアです。

ミトコンドリアは、全身の細胞の中にありエネルギーを作り出してくれる重要な器官。

 

そして、卵子が受精後スムーズに細胞分裂をする為に、大量のエネルギーを必要とするのですが、このエネルギー全てをまかなうのが卵子の中にあるミトコンドリアです。

 

ですので、卵子の中には通常の細胞よりも多くのミトコンドリアが含まれています。これが、とても重要なポイントなんです。

ミトコンドリアが元気であれば、卵子そのものも活発になり、妊娠の確率も上がるということになります。

 

妊娠したいなら、卵子の老化を遅らせる

妊娠したいのなら、卵子の老化を遅らせることがポイントです。

そのためのカギを握るのがミトコンドリア。では、どうすればミトコンドリアを元気にすることができるか、ということが気になるところだと思います。

 

ミトコンドリアを元気にするためには、運動や食生活の改善が必要です。そして、なにより継続することが肝心。

卵子はすぐには大きくなりません、原始卵胞から排卵にいたるまでに、およそ80日はかかるとされています。

 

ですので、最低でも3ヶ月は体質改善のための運動などに取り組む必要があります。

→詳しく読む:卵子の質が悪い!?自然妊娠方法ってある?卵子の質を上げる方法は?

 

妊娠したいと思ったら、卵子の質を上げるサプリメントってあるの??

ミトコンドリアにアプローチするために、運動や、食事の改善と合わせてサプリメントの使用も、効果的です。

サプリメントって、本当に効くのって思うかもしれませんが、最近のサプリメントはとても優れています。

 

妊娠に必要な栄養素を含んだ上に、ミトコンドリアもサポートしてくれるタイプのサプリメントがあるんです。

妊娠したいと思ったら、まず葉酸が思い浮かぶのではないでしょうか。実はこの葉酸、妊娠のしやすさにももちろん関わってきますが、それよりも、赤ちゃんのために葉酸を摂取しましょう、というのが本筋なんです。

 

ですので、葉酸単体を摂取するのではなく、その他に妊娠に関して良いとされる栄養素をバランス良く配合されたオールインワンタイプのサプリメントをおすすめします。

 

そして、その中でもさらに、ミトコンドリアをサポートしてくれるタイプがあるので、どうせ摂るのならこういったミトコンドリアをサポートするタイプのものが断然お得です

 

→詳しく読む:「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?

資料:厚生労働省

厚生労働省

 

 

 

妊娠したいけど、食べて良いもの悪いものってある!?

妊活中は、体のケアが大切になってきます。中でも、食べ物はそのまま血となり肉となるわけですから、とても重要だと言えます。

 

では、一体何が食べて良いもので、何が悪いものなのか、気になるところですよね。まず、食べては行けないものから説明していきます。

 

妊娠したいなら!妊活中に食べてはいけないもの(摂取を控えた方が良いもの)ってあるの?

妊活中は、食べ物に気を付けたいものです。それは、食べ物がそのまま体を作っているからという事と、食べ物によっては妊娠に影響を及ぼすものがあるからです。

 

まずは、できるだけ摂取を控えた方が良いものとして、体を冷やすものがあります。

体の冷えは妊娠を遠ざけてしまいます。ですので、全く食べないというのは無理だとしても、できるだけ摂らないように工夫してみることをお勧めします。

 

では、どんな食べ物が体を冷やしてしまうかというと、温かい地方で取れる食物と、夏に旬を迎える食物は体を冷やしてしまいます。

 

妊娠したいなら気をつけたい”陰”の食べ物

 

主に”陰”の食べ物と言われるものが体を冷やしてしまいます

 

例えば、バナナやパイナップル、そして夏に採れるナスやトマト、キュウリなどが陰性の食べ物と言われています

 

特徴としては、”温かい地域で取れる作物”、”暑い時期に旬が訪れる作物”が陰の食べ物。

 

その他、”地上で育つもの”体を冷やしてしまう”陰”の食物に含まれてしまいます。すこし、わかりづらいかもしれませんが、”地上で育つもの”の反対が”地下で育つもの”とされ、大根やごぼうなどが”陽”の作物で体を温めてくれます

 

そして、白砂糖も冷えにつながるので、あまり良くないとされている。

 

あと、どうしても食べたくなってしまう、アイスクリーム

こちらも、もちろん体を冷やしてしまうので、頻繁に食べないほうが良い食べ物になってしまいます。しかし、アイスを食べないってなかなか難しいのではないでしょうか。

 

ですので、絶対に食べない、というよりも、食べる回数を減らすとか、食べる時はゆっくり舌の上で溶かしながら食べるとか、食べた後は温かい飲み物を飲むなどして、体を冷やしきらないように工夫するのが良いです。

 

何より我慢してストレスをためてしまう方が良くないからです。

 

妊娠したいなら、牛乳も気を付けなければいけないの??

体を冷やす食べ物を避けること以外にも、賛否両論あるのですが、実は牛乳も気を付けたい食品に含まれています。

 

牛乳は、牛のお乳からできているのですが、その乳の中に含まれているホルモンが、妊娠に影響を及ぼす、という説があります。

 

といっても、全ての牛乳が問題というわけではなく、特に気を付けたいのは”低脂肪牛乳”の方です。

牛乳には、低脂肪牛乳と、無調整のものがあるのですが、このうちの低脂肪牛乳は、脂肪を脂肪を取り除く過程で”エストロゲン”や”プロゲステロン”などが取り除かれていて、その分”アンドロゲン”や”インスリン様成長因子1”などが残ってしまいます

 

結果、低脂肪牛乳を飲むことで、男性ホルモンが多く摂取されることになり、卵胞の成熟や排卵障害のリスクが高まってしまうのです。

ですから、もし牛乳を選ぶようでしたら、低脂肪牛乳よりも無調整牛乳がおすすめです。

 

しかしながら、牛乳はビタミンAやBを豊富に含み、栄養価でも優れていますし、温めた牛乳などは精神を安定させてくれる働きもあります。

ですので、大量に低脂肪牛乳をとり続けるのは気を付けたほうが良いのですが、無調整牛乳でしたら、ホルモンの影響もそこまで考えなくても良いので、今まで通りの摂取のしかたで問題ないと言えます。

 

妊娠したいなら、チーズも気をつけなくてはって本当?!

 

さらに、気を付けたい食べ物として、ナチュラスチーズがあります。

 

チーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズの2つがあるのですが、この内のナチュラルチーズというのは、加熱殺菌がされていません。

 

この、加熱殺菌というのがミソで、生きている乳酸菌を取り込むことができるので、ナチュラルチーズのほうが良さそうなものなのですが、妊活中はそうとは言えません。

なぜなら、加熱殺菌していないと”リステリア菌”に感染してしまうリスクがあるからです。

 

このリステリア菌ですが、感染するとインフルエンザのような症状を起こします。成人した人にはかかりにくいのですが、妊娠した状態で感染してしまうと、胎盤を通して胎児に感染してしまいます。

 

もし、胎児に感染した場合、流産や早産、死産といったリスクが高まってしまうので、厚生労働省も注意を呼びかけています

 

国内では、感染例はまれではありますが、欧米では、ナチュラルチーズを始めとする乳製品、スモークサーモンやコールスローサラダなどでリステリア菌による集団食中毒が発生しています。

 

ですので、もし妊娠したいと思っている時にチーズを食べるのであれば、加熱していないナチュラルチーズよりは、プロセスチーズのほうが安心です。

 

妊娠したいなら、まだまだ気を付けなくてはならない食べ物ってあるの、、?!

 

さらに、気を付けたい食べ物として、”トランス脂肪酸”を含む食べ物があげられています。

ハーバド大学医学部の研究結果で以下のような発表があり、そのことが端をはっしています。

「トランス脂肪酸は排卵に悪影響があり、不妊症の原因の一つになっている可能性がある」

 

ハーバード大学医学部によるアンケート調査の結果、トランス脂肪酸の摂取量が増えると、排卵性の不妊症が高まるという報告がなされました。

 

しかし、一方で日本国内での見解は、欧米各国にくらべ日本人の摂取量は少ないので、妊娠との因果関係は”明らかではない”、という発表が農林水産省から出されていいます。

平均的な日本人より多いトランス脂肪酸摂取量を基にした諸外国における研究結果によれば、トランス脂肪酸の摂取により、冠動脈疾患の発症については増加する可能性が高いと考えられた。また、肥満、アレルギー性疾患についても関連が認められたが、その他の疾患については、その関連を結論できなかった。更に、妊産婦、胎児等に対しては健康への影響が考えられた。しかしながら、現時点の平均的な日本人の摂取量において、これらの疾病罹患リスク等と関連があるかは明らかでない。

農林水産省:http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_eikyou/trans_eikyou.html

 

摂取量の問題もありますが、様々な議論をよぶトランス脂肪酸です。

多くの食品に含まれていることから、まったく食べないというのは不可能に近いことですが、健康に気を使い妊娠を望むのであれば、できれば積極的に摂るというのは避けたい食品になります。

 

詳しく読む→妊活食べてはいけない?アイス食べたい!不妊治療中アイスはダメ!?

詳しく読む→妊活食べてはいけない!妊活中に牛乳って大丈夫?飲んではいけない?

詳しく読む→妊活食べてはいけない物は!?プロセスチーズが妊活中お勧めな理由!

 

参考

ハーバード大学

Wikipediaトランス脂肪酸 

Wikipedia 

農林水産省すぐにわかるトランス脂肪酸

農林水産省トランス脂肪酸の摂取と健康への影響

厚生労働省トランス脂肪酸に関するQ&A

 

 

妊娠したいと思ったら知っておきたい、妊娠に良い栄養のこと

妊娠したいなら、食べ物のことも気になりますよね。

前章では、できるだけ避けたい食品の紹介でしたが、この章では、妊娠に良いとされる栄養素を紹介します。

 

妊娠しやすい体質になるには、体を温めることがポイントです。

ですので、体を温めてくれる食材を摂るのが理想です。いわゆる”温”の食材です。

 

寒い地域でとれるものや、寒い季節に旬が来るもの、地下で育つものなどがそうです。具体的には、大根や玉ねぎ、ごぼう、にんじん、レンコンなどです。

陰陽論を用いた食事ほうの一つに、マクロビオテックと言うものがありますが、その観点から言うと、塩、味噌、醤油、お肉など、ナトリウムの多いものも”陽”の食品として分類されます。

スーパーで、今夜のメニューを考える時、少しこの事を思い出して、こういった体を温める食材を積極的にとっていくことをお勧めします。

 

このような体を温める”温”の食材の他に、卵子を元気に導いてくれる食材があります。

卵子の老化は活性酸素により加速されます。その、活性酸素を取り除いてくれる、抗酸化力の強い食材を積極的に摂る事が妊娠しやすさに結びついていきます。

 

活性酸素を取り除く力の強い食材は以下の通りです。

 

  • ビタミンa…レバー、うなぎ、かぼちゃ、小松菜、など。
  • ビタミン C…柑橘類、いちご、キウイ、さつまいも、など。
  • ビタミン E…アーモンドなどのナッツ類、ひまわり油、うなぎ、アボカド、など。

 

これらの食材を組み合わせることで、相乗効果が得られます。さらに、ミネラル類とタンパク質を組み合わせることにより、体内で抗酸化酵素が作られます。

 

そして、赤ワインや、緑茶、ココアなどに含まれている”ポリフェノール”も活性酸素を除去してくれる。

 

さらに、鉄や亜鉛も子宮内膜を整えてくれる重要な栄養素。牡蠣や大豆、ごまやアーモンドにも含まれています。

 

赤身の肉や、魚、大豆製品、卵と言った、良質なタンパク質を含むものも、卵子を元気にしてくれます。

 

 

それから亜鉛や銅もとても大切。牡蠣や大豆、海藻類、ごまアーモンドにも含まれています。

良質なタンパク質も卵子を元気にしてくれます。赤身の肉や、魚、卵、大豆製品などです。

 

更にいうならば、ビタミンEは、妊娠に大きく関わる重要な栄養素。ビタミンEは、”トコフェロール”ともいうのですが、この”トコ”は”子供を授ける”で、”フェロール”は”力を与える”を意味しています。

抗酸化作用の強い栄養素ですので、ぜひともしっかり摂取したい栄養素になります。

 

ちなみに、こういった栄養素をバランス良く含み、更に細胞へエネルギーをもたらす重要な器官であるミトコンドリアをサポートするタイプのサプリメントもあります。

 

バランス良く、全ての食材を取り込むと言うのは、かなり難しい事になりますので、こういったサプリメントに頼るのも一つの方法です

 

→【記事】「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?はこちらをクリックする

 

 

卵子の老化を遅らせるために、知っておきたい事やできることについて、さらに詳しく読む→【妊娠しやすい食べ物!妊活30代妊娠しやすい食べ物?妊娠体質になる!】

 

卵子を元気にしてくれる、ミトコンドリアを活発にしてくれる方法について詳しく読む→【卵子の質を良くする!!食べ物や運動は!?その方法を徹底解析!!】

 

着床しやすい子宮内膜や、実は妊娠に関わりのある免疫機能について、さらに詳しく読む→【排卵前!!妊娠しやすい食べ物ってあるの?着床しやすい食べ物は??】

 

参考

Wikipediamマクロビオティック

Wikipediaミトコンドリア

WikipediaビタミンE

一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所

 

 

まとめ

排卵の予想はとても大切。婦人科を受診してピンポイントで指導してもらうのも良いですし、自分で基礎体温を測り、排卵検査薬を使い判断するのもよいでしょう。

 

いずれにせよ、妊娠可能日である、排卵前4日間と排卵日、できれば排卵の1~2日前が最も妊娠確率の高くなる日なので、そこをねらってセックスをするのが肝心。

 

オーガズムがなくとも妊娠は成立しますが、より妊娠しやすさを求めるなら、あった方が良いです。負の連鎖から抜け出すためにも、あった方が良いです。

 

濡れないことによる痛みの回避のためには、妊娠専門の潤滑ゼリーの使用をお勧めします。そのほか、リュイールホットなどを使い自分から快楽を取りに行くことで、痛みの解消につながります。

どうしても辛いという方には、シリンジ方という方法もあります。

 

人気記事→”妊娠しないのはセックスに問題があった!?セックスは気持ちよくなきゃ!妊活用ラブコスメ特集!”はこちらをクリックする

 

とにかく無理せず、セックスを”労働”なんて、思わなくても良いように、自分から状況を変えて行きましょう!

 

そして、妊娠に大きく関わってくるのが卵子の老化。この老化を遅らせるためには、ミトコンドリアがカギをにぎっています。

ミトコンドリアを活発にさせるには、運動や食事の改善、サプリメントがおすすめです。

 

 

Let’s!妊トレ!!決してあなたは一人ではありませんよ。

 

あわせて読みたい
「とりあえず葉酸」は違った!?妊活サプリでエイジングケアできるって本当?妊娠したいなら葉酸って思ってましたが、じつはこれちょっと違った。 葉酸は、妊娠する力を授けると言うより、赤ちゃんのためのものだった...

 

↓↓↓ ポチっとクリックお願いします。やる気UP!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

 


赤ちゃん待ちランキング